あなたの住空間を変える 光触媒除菌消臭器「ルミネオ」って ご存じですか?

写真拡大

東京理科大学学長の藤嶋昭氏が、2017年度「文化勲章」を受章した。
藤嶋氏が開発した「光触媒」は、今年で発見50周年を迎える。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。文化勲章受章まもなく発売され、注目を集めている『第一人者が明かす光触媒のすべて――基本から最新事例まで完全図解』の著者を編集担当が直撃した(構成:寺田庸二)。

光触媒チタンメッシュフィルタを使用

 住空間の除菌・消臭に関しては、光触媒式空気清浄機だけでなく、よりローカルなエリアにきめ細かく対応できるようにと、小型で持ち運び可能な光触媒除菌消臭器「ルミネオ」がユーヴィックスの光触媒技術を応用してマクセルから製品化されています。

 この製品の特徴は、特殊細孔構造の光触媒チタンメッシュフィルタを使用しているという点です。

 この光触媒チタンメッシュフィルタの作り方は、薄いチタン板を半導体加工で使うフォトレジスト加工技術を使って蜂の巣状に穴をあけ、しかも両面から穴の中の構造が空気の流れが乱流になるように加工されています。

 多孔チタン板を電解酸化させて表面を酸化チタンにし、さらにその上に酸化チタンナノ粒子を焼結固定しています。

 光源としてLEDライトが内蔵されていますので、小型でも消臭効果は抜群です。靴箱、クローゼット、トイレなど、ニオイの気になる場所に置くだけで効果を発揮します。クルマに搭載して車内の気になるニオイをとることもできます。

 この光触媒チタンメッシュフィルタは冷蔵庫の中のニオイとり、特にキムチのニオイをとるのに効果があり、家電のグローバル企業も関心を示しています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)