神楽坂の毘沙門天からほど近い路地裏に、土曜の真夜中にだけひっそりとオープンするラーメン店があるという。

そんな気になる噂を聞きつけ、東京カレンダー編集部が潜入した!




土曜日の深夜、〆たくなったら探すべき路地裏の提灯
『中華そば まる田』

メインの神楽坂通りから、知らなければ見過ごしてしまうほどの狭い小路を入った先に、ぽつんと浮かぶ提灯。土曜深夜になると、一人また一人と小路に吸い込まれていき、提灯の前に列をなす。

東カレ編集部と一緒にこの店に潜入したのは、食通として名高い、ミュージシャンの小宮山雄飛さん。

「神楽坂は、名画座で映画を観によく足を運んだ思い出の街。ずっと気になっていたこちらにも、ようやくたどり着けました」
彼自身も、かねてから訪れたかったこの店こそ『中華そば まる田』である。



店の一番人気「中華そば」¥850。

麺は全6種類。定番の「中華そば」は、シンプルながら旨みが凝縮された鶏ガラ魚介出汁に、よく煮込んだ分厚い手作りチャーシューが評判。

13年営む居酒屋『ちょい干してっ平』の店長・藤森氏が「神楽坂にいいラーメン屋がない!」と一念発起し、居酒屋の営業終了後の店で5年前に始めた。飲んだ後の〆にふさわしい一杯を作ろうと、ラーメン作りはイチから独学で学んだという。



「ラジオで親交のある、本誌3月号に登場した田中みな実さんも気になるお店だそう。焼酎が豊富で、食べながら一杯が叶うのもいい!」

ガラと魚介出汁の醤油ベースのスープはあっさりとしていて、ずっと飲んでいたくなる味。細かく刻まれたねぎが程よいアクセントになっている。

こだわりの麺は浅草開化楼のもの。気持ちよい程のど越しの良いこの麺は、シンプルな中華そばとの相性が抜群だ。



24時過ぎのオープンと同時に店内はすぐ満席に!

居酒屋の間借りということもあって、お酒の品揃えも豊富だ。日本酒20種、焼酎120種が壁一面に並ぶ。

「〆に訪れたつもりが、また飲みたくなってしまいそう。ウーロンハイ350円からシャンパン1万2,800円まで揃う、このギャップとアンバランス感が面白い!」と雄飛さん。



「生海苔そば」¥1,000

変わり麺を試してみたくなったなら、「生海苔そば」も外せない。定番「中華そば」と同じ鶏ガラ魚介スープをベースに、浜松産の生海苔がどっさりと盛られた、磯の香りいっぱいの一杯。

チャシューではなく蒸し鶏が添えられたさっぱりとした味わいで、テッペンまで飲んだ体に沁みわたる。沖縄料理のアーサそばを食べて、ひらめいたのだという。

店主の酒好きから転じて生まれた〆の一杯は、土曜に夜更かしした者だけが味わえる、深夜のご馳走だ。



普段は居酒屋『ちょい干してっ平』として営業するこちらの店



『中華そばまる田』の営業時には、手書きの布製看板が被せられる




本日発売の月刊誌「東京カレンダー3月号」は一冊すべて、神楽坂特集!

まだ神楽坂が残っていた!32歳からはこの街で大人の階段を上る


社会人10年目=32歳、今こそ神楽坂を知ろう!そのヒントが最新号「東京カレンダー3月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は1/20(土)!