U-21日本代表DF原輝綺(新潟)

写真拡大

[1.19 AFC U-23選手権 U-21日本0-4U-23ウズベキスタン 江陰]

 悪夢のような時間帯となった。前半31分に先制点を奪われると、わずか9分の間に2点を追加されてしまう。嵐のように過ぎ去った時間。選手たちはゴール前で肩を落とした。U-21日本代表DF原輝綺(新潟)は、その時間帯を「本当に酷すぎた」と悔しさを滲ませて振り返った。

 前半31分にミドルシュートを叩き込まれると、同34分にはゴールキックからボールをつなごうとした日本にミス。DF古賀太陽(柏)、GK小島亨介(早稲田大)、MF井上潮音(東京V)、DF立田悠悟(清水)とPA付近でつないだボールをMFハムダモフにゴール前で奪われて失点。さらに同39分にはサイドチェンジを受けたMFヤフシボエフにMF遠藤渓太(横浜FM)が翻ろうされて、左足シュートでネットを揺らされた。

「最初の試合の入りは悪くなかったと思うけど、失点してからの時間帯は最悪というか、本当に酷すぎた。自分たちの力のなさと甘さが出た試合だと思います」

 後半2分にも追加点を奪われ、0-4の完敗でベスト8敗退が決まった。「自分たちのミスから招いた失点がほとんど。最後のシュートブロックもそうだし、局面で勝っていかないと、アジアでも勝てない。そこは改善していかないといけない」と多くの課題を持ち帰ることになった。

(取材・文 折戸岳彦)
●AFC U-23選手権2018特集ページ