【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪に合わせた芸術団派遣に向け事前調査を行う北朝鮮代表団が20日に訪韓する。

 北朝鮮は19日、対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長名義の通知文を韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官宛てに送り、事前調査のため20日から2日間の日程で代表団を送ると提案。韓国側は提案を受け入れると返答した。

 北朝鮮の平昌五輪参加に関連し、北朝鮮関係者が韓国を訪問するのは初めて。

 韓国と北朝鮮は15日に行った実務接触で、平昌五輪の期間に北朝鮮の三池淵管弦楽団の約140人からなる芸術団が韓国を訪れ、ソウルと江原道・江陵で公演を行うことで合意した。

 代表団は三池淵管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長をはじめ7人。ソウルと江陵の劇場を視察し、芸術団の公演会場を最終的に決定すると予想される。