神戸新体制、MF三田啓貴「タイトルへの思いと覚悟を持って来た」

写真拡大

▽ヴィッセル神戸は19日に新体制発表会見を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽今シーズンから神戸に加入するのは、GK荻晃太、DF宮大樹、DF那須大亮、MF郷家友太、MF三田啓貴、MFチョン・ウヨン、MF佐々木大樹、ウェリントンの8名。それぞれが質疑応答に応じ、抱負を語った。

◆MFチョン・ウヨン

「3年ぶりにこのチームに帰って来ることができた。すごく暖かく迎え入れてくれて、本当に嬉しく思う。チームの目標であるタイトルのために全力を尽くして頑張りたいと思いますので、よろしくお願い致します」

◆DF那須大亮

「今回、移籍するにあたって、たくさんの思いの中で実現した。その思いに応えられるよう精一杯努力したいし、みなさんとタイトルを獲りたい。一緒に頑張りましょう。よろしくお願い致します」

◆GK荻晃太

「みなさん、ただいま。荻です。10年半ぶりに帰ってきたけど、ユニフォームを着ている選手よりもスーツを着ている人に知り合いが多い状況になっている。ただ、そういう立場の僕だからこそできる仕事があると思うので、そういう仕事に集中するという強い思いを持って今シーズンに入りたい。よろしくお願い致します」

◆FWウェリントン

「ヴィッセル神戸に来れて非常に嬉しく思う。日本で築き上げてきたキャリアを神戸で再現し、たくさんのゴールを決めて、チームの目標に貢献したい」

◆MF三田啓貴

「ヴィッセル神戸に加入にするにあたり、タイトルを獲りたいとの思いと覚悟を持って来た。まずは、しっかり試合に出て、チームに貢献することを目標に頑張っていく。よろしくお願い致します」

◆DF宮大樹

「自分のストロングポイントは左足からのフィード。そこを生かして1年目から試合に出てチームの勝利に貢献したい。よろしくお願い致します」

◆MF佐々木大樹

「こんにちわ。ユースから昇格した新しいニウトンです。1年目から遠慮せず、少しでも早くピッチに立てるように頑張るので、これからよろしくお願い致します」

◆MF郷家友太

「青森で冬眠していた郷家です。早くノエスタでプレーできるように頑張るので、応援よろしくお願い致します」