主将としてチームを牽引したが、ベスト8で終戦する形となった。(C) Getty Images

写真拡大

[U-23アジア選手権]日本 0-4 ウズベキスタン/1月19日/中国・江陰

 東京五輪世代初の公式戦となったU-23アジア選手権。グループステージを3連勝で首位通過し、意気揚々と準々決勝に挑んだU-21日本代表だったが、U-23ウズベキスタン代表に圧倒されてベスト8で大会を終えた。

 試合後、今大会の主将を務めた神谷優太は「立ち上がりは良かったけど、相手のほうが強かった」と素直に力不足を認めた一方で、「本当にいい経験だった」と振り返った。

 だからこそ、神谷が強調したのはクラブでの巻き返しだ。「この悔しさを忘れずに、クラブに帰ってからしっかりと取り組みたい」と語り、今季から湘南を離れ、期限付き移籍で加わる新天地・愛媛でのさらなる成長を誓った。

【U-21日本代表PHOTO】AFC U-23選手権 中国2018へ向けた招集メンバー23人