【妻枠・彼女枠】俺が不倫する理由は「妻を愛しているから」

写真拡大

男も女も不倫します。
人によって、不倫に至る理由はそれぞれ異なり、一概に「配偶者への愛が冷めたから」とは言えないようです。
雨宮(仮名・33才・外資系コンサル勤務)は不倫する理由を「妻を愛しているから」だと言います。
愛しているから不倫するってどういうことなんでしょうか?
不倫する男性の心理を探ってみましょう。

「妻と彼女はまったく別のカテゴリー」


雨宮が結婚したのは、24才のとき。お相手は学生時代から付き合っているミス山口大学の美人教師です。雨宮の仕事の関係で現在は東京都に在住。子供は1人。
穏やかな妻の性格のおかげで、ほとんど争いのない、平和な生活を送っています。
「不倫する理由? まあ、俺の周りで不倫したことないやつの方が少ないよ。『奥さんとセックスレスで、外に愛人が欲しいから』なんて言ってるやつもいるけど、俺の場合は違うんだよね。奥さんのことを愛してるから、不倫するのかも」
「妻のことを愛しているから不倫する」それだけ聞くと意味がまったく分かりませんが、話をよく聞いてみると、彼の言い分も分かるような気がしました。
妻のことは愛していて、セックスもある。完全に信頼しきった関係で、お互い離婚するなんて考えたこともない。だからこそ、「まったく刺激が無い」というのです。
「奥さんとうまくいってないから不倫っていうケースもあるとは思うけど、俺の場合、『妻枠』と『彼女枠』は全く別」と雨宮は言い切ります。

「不倫したら、妻をより大切に思うようになった」


でも、いざ家庭の他に彼女ができたら、彼女に夢中になったりして、妻への気持ちが薄れたりすることもあるのでは?
「それは無いかな。むしろ、不倫してるときの方が、なんだか妻を愛おしく感じるんだよね」
雨宮いわく「不倫しているから罪悪感で妻に優しくする」と言った意味ではなく、「他に相手ができることで、より妻の良さ・唯一無二さが理解できて、大切にしたくなる」とのこと。
「でも、彼女には、妻とはもう冷めてるし、セックスもしてないって言ってるけどね」
……クズか!!

妻枠に入りたいなら、既婚者の彼女枠に入ってはいけない


さらに、雨宮は彼女には「子供が大きくなったら妻とは離婚も考える」と話しているそうです。
けれど、「妻枠と彼女枠はまったく別物」と語り「彼女に求めているものは刺激」だと言い切る彼が、万が一妻と別れてたとしても、彼女を妻に昇格させることはないでしょう。

結論。


・妻枠に入りたいなら、既婚者の彼女枠に入ってはいけない
・不倫している男性の中には(多くは?)、平気で彼女・妻にウソをつく
・不倫男が彼女に求めるのは、家庭の落ち着きではなく、トキメキ
・自分勝手な男性は、妻を愛していても浮気する
不倫と一口に言っても、その関係や思いは千差万別でしょう。
ただ、不倫する男性の中には、「妻枠と彼女枠をしっかりと分けており、家庭が円満であっても(円満だからこそ)浮気をする人もいる」と覚えておきましょう。
Written by 今来 今