彼氏が同僚女子と浮気をしてしまう心理とは?

写真拡大

彼氏や夫に浮気された、という場合、浮気相手は職場の女性であることがよくあります。
なぜ男性は同じ職場の女性と浮気をしてしまうのでしょうか?
今回は、同僚女子と浮気をしてしまう男性の心理について解説いたします。

|噂秬椰┯果で好きになっちゃう


アメリカの心理学者であるロバート・ザイアンスは「単純接触効果」を提唱しました。単純接触効果とは、「接触する回数が多い人に対して、人は、好意を持ちやすくなる」という効果のことです。
同僚女性は、わざわざ約束しなくても平日ほぼ毎日職場で顔を合わせる存在です。それ故、バーなどで一回だけ会った人などに比べると、単純接触効果により、好意を抱きやすいのです。
同僚と浮気をしてしまう人には、「接触回数が多くなる」ために、「好意を抱きやすくなる」という心理が働いている可能性があるのです。

共同作業で盛り上がる


人間には、共同作業を行った人に、親近感を抱きやすいという心理があります。個人プレーが多い職場に比べ、チームプレーが多い職場で浮気が発生しやすいのもこのためです。
例えば、大きなプロジェクトを二人で力を合わせて達成したとします。そうした場合、お互いに対する信頼感や好意が高まるのは想像に難くありません。
職場というのは、多かれ少なかれ集団プレーが求められる場所です。そのため、共同作業が発生しやすく、「共通の目標に向かって頑張る」という状況も多々あります。
職場は、お互いに対して好意を抱きやすくなる場所なのです。

そもそも似た人が集まっている


就職先に銀行を選ぶ人とお花屋さんを選ぶ人は、性格、求めるものが違っています。同じ会社に入っているということは、どこか似ているところ、似た価値観があるからだとも言えます。
銀行を選んだ人は、ギャンブル志向や、アーティスト志向はあまりないでしょうし、お花屋さんを選んだ人は、花が好き、自然が好き、という共通項があるでしょう。
もともと似たような志向・価値観を持つ人同士が集まっている場所が職場なので、自分と似た人を見つけやすい、仲良くなりやすい環境でもあるのです。
それゆえ、話が合いやすく、恋愛関係に発展してしまう可能性が高いとも言えます。

さいごに


今回は、彼氏が同僚女子と浮気をしてしまう心理について解説しました。
同僚は共同作業が多く、顔を合わせる回数も多いため、自然と恋愛関係に発展しやすい関係です。ただ激務の職場などの場合は、ストレス状態から、現実逃避的に恋愛関係に逃げ込む、というパターンも考えられます。
彼氏が同僚女性と浮気していることが発覚したら、その浮気が浮気なのか本気なのかを確認しましょう。
浮気を許し、関係を続けるかどうかは、あなたの気持ち次第です。
今来 今/ライター