元彼の態度から探る「復縁の可能性」絶対ムリなのはコレ!

写真拡大

こんにちは、婚活FP山本です。
一般的に、女性の恋愛は「上書き保存」と表現されますが、一人きりでツラい時などには元彼を思い出すこともありますよね。そんな時は、つい復縁を考えてしまうものですが……愛の復活はそんなに簡単でもないのです。
今回は、復縁の可能性がなさそうな元彼の態度についてお伝えします。
あなたの恋愛に、お役立てくださいませ。

自分の「今」を明るく話す


まずは、元彼が「今の自分の状況を明るく話す」というもの。こういう態度を示されたら、復縁の可能性はかなり低いと思ってください。
ちょっと意外に思われるかもしれませんが……男性の場合、終わった恋や元カノに未練があるなら、どうしても現状を明るく話せないことが多いのです。
このため、逆にそれができるなら、もう未練ナシ……ということ。
やはり、新しい恋人(好きな人)のことを話されると復縁は絶望的ですが、仕事や一定の目標、趣味の話を嬉々として話すのも同様です。
男性だって過去の恋愛よりも現在の恋愛を優先します。そして男性にとって仕事は、恋愛よりも優先するべきことだったりするのです。元カノが気にならないほど毎日が充実しているなら、元鞘に戻りたいとはなかなか考えないでしょう。

恋愛の話を避けたがる


次に「恋愛の話を避けたがる」という元彼の態度です。
なぜ避けるのか……?
理由は色々ありますが、「元カノとの別れで心の傷が癒えていない」「元カノへの怒りが残っている」「次の恋愛の邪魔をされたくない」というのが理由になるでしょうか。
いずれにしても、あなたとの恋愛は元彼の中では終わったことであり、復縁させる気はないという意思表示です。
男性の恋愛は「名前を付けて保存」と表現されますが、これは大事な思い出として取っておきたいという意味であり、現在進行形で再度ファイルを開くことは、実は滅多にありません。

テンション低め、または怒り気味


最後はストレートに「テンション低め、または怒り気味」という態度です。
こういった子供っぽい言動を見せる男性は少ないのですが、確かに一定数います。
「今更なんの用だ!」という不機嫌な態度は、あからさまな拒否反応でしょう。
なお、こういう態度を取る男性の中には、元カノ側が下手に出ると、「セフレとして都合の良い関係を作ろう」などと考える輩がいます。
あなたがそれでもいいならともかく、そうでないなら復縁は諦めた方がいいかもしれません。

あくまで兆候、聞く勇気が大事


もっとも大事なことなのですが、ここまでお伝えしてきたことを含めて、あくまで「態度から読み取るサインでしかない」という点を忘れないようにしましょう。元彼の言動が該当したからといって、絶対的に復縁の可能性がゼロという訳ではありません。
男性は女性に比べれば単純ですが、人間そこまで単純でもありませんから。
つまり、復縁したいのならハッキリと「復縁したい」と言葉で伝え、そのうえで元彼の返答を聞くことが重要なのです。
確かに今回お伝えした態度は、かなり復縁の可能性は低いものといえますが、それでも彼の本心は聞かなければ分からないでしょう。

ただ元鞘に収まれるわけじゃない


本当に復縁したいのなら「別れた理由を知ることと反省」が必須となります。
そもそも、なぜ元彼とお別れすることになったのか、正しく把握していますか?
もしあなた側に原因があるなら、彼氏から嫌われたポイントを改善することが必要ですし、お互いに悪いところがあったなら、復縁前に一度腹を割って話し合いをすることが大切です。
理由が分かっていないなら関係の改善はできないでしょう。反省・改善ができていないなら、仮に復縁しても同じ理由で再度、破局するだけです。
ある日ふと寂しくなって軽く復縁を考えただけならともかく、本気で復縁したいと考える人は、まずはしっかり過去と向き合うようにしましょう。

まとめ


元彼との復縁の可能性については、彼の態度が「自分の現状を明るく話す」「恋愛話を避ける」「テンション低い、または怒り気味」などの場合は厳しいでしょう。
しかしそれでも、本心は元彼しか分かりません。勇気を出して聞きつつ、過去の破局原因を改善することが大事になります。
(婚活FP山本/ライター)