森保ジャパン、ウズベキスタンに4失点大敗…AFC U−23選手権はベスト8で終戦

写真拡大

 AFC U−23選手権中国2018の準々決勝が19日に行われ、U−21日本代表とU−23ウズベキスタン代表が対戦した。

 立ち上がりは日本が高い位置からプレッシャーをかけて相手にリズムを作らせないまま時間が進んだが、15分を過ぎると徐々にウズベキスタンが押し込む展開となる。

 試合が動いたのは31分。ウズベキスタンがCKのこぼれ球をつなぎ、最後はペナルティエリア手前中央のヤポヒル・シディコフが左足のミドルシュートをゴール左隅に決めた。反撃に出たい日本だったが、直後にミスから失点する。34分、自陣エリア内でつないでいたボールをドストンベク・ハムダモフに奪われ、そのままゴールへ流し込まれた。

 勢いに乗るウズベキスタンは39分、右サイドでパスを受けたヤスルベク・ヤフシボエフが個人技でDFをかわし、左足でシュート。これがゴール左上に吸い込まれ、スコアは3−0となった。

 3点ビハインドで後半を迎えた日本は岩崎悠人と睫攵歓佑紡紊┐董∋姐ス児と旗手怜央を投入。しかし47分、スルーパスに抜け出したヤフシボエフに左足のシュートを決められ、4点差に広がった。

 なんとか一矢報いたい日本だったが、残り時間で決定的なチャンスを作り出すことはできず、試合はこのままタイムアップ。ウズベキスタンが4−0の大勝で準決勝進出を果たし、日本はベスト8で大会を去ることとなった。

 勝ったウズベキスタンは23日に行われる準決勝で韓国とマレーシアの勝者と対戦する。

【スコア】
U−21日本代表 0−4 U−23ウズベキスタン代表

【得点者】
0−1 31分 ヤボヒル・シディコフ(ウズベキスタン)
0−2 34分 ドストンベク・ハムダモフ(ウズベキスタン)
0−3 39分 ヤスルベク・ヤフシボエフ(ウズベキスタン)
0−4 47分 ヤスルベク・ヤフシボエフ(ウズベキスタン)