平昌冬季五輪・パラリンピックのエンブレム(大会組織委員会提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】障害者スポーツの祭典、2018年平昌冬季パラリンピックの入場券販売率が70%を突破したことが、19日分かった。

 平昌冬季五輪・パラリンピック大会組織委員会はこの日、「平昌パラリンピックの入場券は18日現在、目標値の22万枚のうち15万5000枚を販売し、販売率70.4%を記録した」と発表した。

 組織委は「障害者アルペンスキーが93.0%の高い販売率を見せ、障害者スノーボードも92.3%を記録中だ」と伝えた。開会式は42.9%、閉会式は19.0%の販売率となっている。

 また、平昌五輪の入場券販売率は69.7%を達成し、今週末にも70%を超えるとみられる。