<SMBCシンガポールオープン 2日目◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>
アジアと日本ツアーの共同主管大会「SMBCシンガポールオープン」の第2ラウンドは雷雲接近のため、現地時間の午後4時42分に競技が一時中断となっている。トータル7アンダー単独首位にはチャプチャイ・ニラト(タイ)が立っている。
【関連動画】石川遼、初日のインタビュー
1打差2位タイに2017年「マスターズ」覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)、カート・キタヤマ(米国)、ショーン・ノリス(南アフリカ)、ティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)が続いている。
今季から6年ぶりに日本ツアー復帰の石川遼は8ホールを消化し、トータル3アンダー22位タイにつけている。国内賞金王の宮里優作は前半9ホールを終えて、トータルイーブンパー49位タイ。昨年覇者のプラヤド・マークセン(タイ)は、カットライン上のトータル1オーバー65位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

SMBCシンガポールオープン 初日の成績
入籍発表の小平智、古閑美保「昨年から結婚を意識」
【石川遼・復活優勝へ】宮崎で取り戻した自信の裏にレジェンドの言葉あり
中嶋常幸 松山英樹&石川遼との練習ラウンドは「やっぱり楽しい」
テーラーメイドの新作発表 『M4』&『M3』の【ツイストフェース】に震えが止まらない