Image: Amazon

ROOMIEより転載

レストランクオリティの料理を自宅でできたら、と思うことは多々ある。調味料や調理の仕方などを変えてみてもそのクオリティにたどり着けないな、と思う食材の一つが「お肉」だ。加熱の調整が難しく、理想のお肉へは程遠い。

Image: Amazon.co.jp

欧米で人気の真空低温調理器「BONIQ(ボニーク)」は、たった3ステップでミディアムレアのお肉が作れる画期的な調理器具。安価な赤身のブロックやパサつきやすい鳥むね肉もボニークを使えば感動する美味しさになりそうだ。

Image: Amazon.co.jp

タンパク質が固まらない温度帯で調理する、55度〜58度辺りで熱変性が起きたお肉は多くの日本人が好む焼き加減とのこと。「低温調理された美味しいお肉を多くの人に広めたい」という想いが込められたBONIQは、一般家庭のみならず多くの飲食店でも使用されており作業効率の向上により手間のかかるメニューも簡単に作ることができる。

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

無理かも…と思っていたレストランクオリティのジューシーな肉料理。栄養や旨味も逃さず、高タンパク・低カロリーで美容や健康、ダイエットにもおすすめだ。

【真空低温調理器】欧米で人気 ミディアムレアのお肉が作れる BONIQ ボニーク (黒)

21,384円

Image: Amazon.co.jp
Source: Amazon.co.jp

(ユキコニシムラ)