準々決勝ウズベキスタン戦に臨むU-21日本代表

写真拡大

 U-21日本代表は19日、AFC U-23選手権準々決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦する。現地時間午後4時(日本時間午後5時)キックオフに先立ち、スターティングメンバーが発表された。

 第2戦タイ戦の先発メンバーが中心となり、第3戦北朝鮮戦からは先発10人を入れ替え。第1戦、第2戦に連続で先発出場しながらも、左太ももに違和感を抱えて別メニュー調整が続いているDF板倉滉(仙台)に代わり、DF古賀太陽(柏)だけが北朝鮮に続いてスターティングメンバーに名を連ねた。

 日本がウズベキスタンに勝利して準々決勝を突破した場合、23日に行われる準決勝で韓国対マレーシアの勝者と対戦する。

<出場メンバー>

[U-21日本代表]

先発

GK 1 小島亨介(早稲田大)

DF 7 原輝綺(新潟)

DF 20 古賀太陽(柏)

DF 22 立田悠悟(清水)

MF 2 藤谷壮(神戸)

MF 11 遠藤渓太(横浜FM)

MF 13 岩崎悠人(京都)

MF 14 高木彰人(G大阪)

MF 16 井上潮音(東京V)

MF 17 神谷優太(愛媛)

FW 9 田川亨介(鳥栖)

控え

GK 12 波多野豪(FC東京)

GK 23 阿部航斗(筑波大)

DF 5 柳貴博(FC東京)

DF 15 庄司朋乃也(金沢)

MF 4 板倉滉(仙台)

MF 3 浦田樹(北九州)

MF 6 長沼洋一(岐阜)

MF 8 森島司(広島)

MF 10 三好康児(札幌)

MF 21 伊藤洋輝(磐田U-18)

FW 18 旗手怜央(順天堂大)

FW 19 小松蓮(産業能率大)

監督

森保一


●AFC U-23選手権2018特集ページ