任天堂は1月18日、Nintendo Switch向けの新商品「Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ)」を発表した。ネットでは早くも期待の声が上がっている。

Nintendo Laboは「つくる、あそぶ、わかる」というコンセプトで、段ボールで作るコントローラー「Toy-Con」とNintendo Switchを合体させて遊ぶ新感覚の発明キット。ピアノで演奏したり、つりざおで魚を釣ったり、バイクでレースするなど様々な遊びを楽しむことができる。

段ボールの利点を生かして、色を塗ったりパーツを作ったりと自分なりにデコレーションするのも自由自在。自分で作ることで仕組みを理解し、そこから新しい遊び方に発展していく可能性を秘めているという。

Twitterでは、

“ニンテンドーラボ、すごい発想できたね。子供絶対欲しがるでしょこれ”
“デジタル機器(それも一台使いまわし)組み込んで見事デジタルとアナログの融合に成功してるの、次世代の図工感がハンパない。”

と期待の声が上がっている。さらに、

“これユーザーからアイデア募って選ばれたのを実現するとかありそうだなぁ”
“こういうアナログ感は面白いな。ネットの天才な方々がいろいろアレンジして面白い使い方が出てきそうだからそれも楽しみw”

と今後の展開が楽しみだという声も出ている。また、

“ニンテンドーラボ素晴らしいなと思う………なぜかEテレ感すごい、ピラゴラとかのユーフラテス枠”(原文ママ)
“ニンテンドーラボ、Eテレとかで番組一枠持った方が良いんじゃねえのと思ったけど、YouTubeがあれば良いのか。強すぎるな”

と「NHK Eテレ」を彷彿とさせるという声もあった。

Nintendo Laboは、4月20日に2つのバージョンが発売される。「バラエティキット」はリモコンカー、つり、おうち、バイク、ピアノの5種類。「ロボットキット」は、組み立てることでロボットになる段ボールキットが付属。さらに、「Toy-Con」をデコレーションできるマスキングテープやシールなどが「デコるセット」として同時発売される。

ユーザーたちにとって青天の霹靂となった、任天堂による斬新な試み。アナログとデジタルの融合でどんな化学変化が起こるのか、発売が待たれる。
(山中一生)

■関連リンク
・Nintendo Labo
https://www.nintendo.co.jp/labo/index.html