画像提供:マイナビニュース

写真拡大

上海問屋は1月19日、ハイレゾ音源再生が可能なイヤホン「DN-915211」を発売した。価格は4,500円(税込)。「HDSS」(High Definition Sound Standard)と呼ばれる特許技術を盛り込むことで、音を立体的に表現する3Dサウンドに対応。スマートフォンやタブレットなどで映画鑑賞をする際に、DN-915211を使用すると、まるでその場に居合わせているかのような体験ができるとしている。

イヤホン本体の内部はデュアルチャンバー構造で、低音域を増幅。高音域から低音域まで、バランスよく再生する。再生周波数帯域は5Hzから70kHz、音圧感度は100dB(±3dB)、インピーダンスは15Ω(±15%)。ケーブル長は約1.25mで、プラグは3.5mm3極ミニ。パッケージにはS、M、Lサイズのイヤーチップが付属する。