緩やかな糖質制限をする食事法「ロカボ」は知っていますか?ロカボとは、1日の糖質摂取量を決めて、日に日に少しずつ糖質の摂取量を減らしていく活動のことです。極端に糖質を減らすわけではないためストレスもありませんし、糖質を減らすと様々な健康効果が期待できます。この記事では、「ロカボ」のやり方や効果についてご紹介します。

ルールは「1日の糖質摂取量は70〜130gまで」

毎日の食生活で、自分がどのくらいの糖質を摂取しているのかは自覚していますか?糖質は主にご飯やパンなどの主食に多く含まれているもので、例えばおにぎり1個分には約40gもの糖質が含まれています。ロカボでは、1食で摂取する糖質の量を20〜40gに制限していきます。ですから食事のメニューとしては、主食よりもおかずの方がメインになりますね。「糖質の量を減らす」と聞くと何だかハードルが高そうに思えますが、制限するのはあくまで糖質のみです。他の脂質やタンパク質などは自由に摂取してOKですから、糖質制限ダイエットのようなストレスも感じません。自分に負担をかけることなく、日常生活に取り入れられますよ。

ロカボで血糖値の上昇が防がれる

ロカボのルールに則った食生活を続けていると、血糖値が著しく上昇するのを防ぐことができます。血糖値が高くなると、脂肪がつきやすくなって太ってしまいます。高血圧になったり、糖尿病や脳梗塞といった生活習慣病を起こすリスクが生まれることも。少しずつ血糖値を下げていけば、太りにくくて健康的な体質を手に入れられますね。

食後の眠気を防ぐことも可能

食事をした後、急激な眠気に襲われることはありませんか?食後の眠気は「食後低血糖」と呼ばれる症状が起因しています。食事で血糖値が上がると、上がった血糖値を下げようとしてインスリンが働き、急激に血糖値が下がってしまいます。これにより低血糖状態になると、頭がぼんやりとして眠気や倦怠感を起こしてしまうのです。同じだけお腹の膨れる食事をしたとしても、糖質の量が少ないメニューであれば血糖値もそこまで上昇しませんから、食後の眠気が防げます。

ロカボは少しずつ広まっている。食品表示マークに注目!

「ロカボ」という食べ方は、現在少しずつ広まってきています。お店の中には「ロカボマーク」と言って、その食料品がロカボに適した糖質を持っていることを証明するマークが印刷された商品もあります。ロカボマークには商品に含まれる糖質量も書かれていますから、糖質の計算もしやすいですね。もしもロカボに興味がわいたら、お店でロカボマークを探してみるのもおすすめです。


writer:さじや