廻り神楽の様子。(C)VISUAL FOLKLORE INC.

写真拡大

冬の三陸海岸で、各地を訪ね歩きながら、「廻り神楽」という舞いを続ける人たちがいる。三陸海岸は明治以降でも1896年、1933年、1960年、2011年と4回の大津波に襲われている。だが、この神楽は340年以上の歴史をもち、現在も続いている。奇跡の伝統をフィルムにおさめた映画監督が、その歴史を紹介する――。

■大津波を生き抜いた神楽

岩手県の沿岸部を、冬のあいだ各地を移動しながら祈りの神楽を舞う人たちがいる。岩手県宮古市の黒森神社に伝わる黒森神楽だ。海や山などの自然の神々の化身となって舞い踊り、人々の願いを受け止めながら340年以上続けられてきた。ところが、黒森神楽が訪れる沿岸部の多くは、先の東日本大震災で大きな被害を受けた。神楽衆も、長年神楽を迎え入れてきた海辺の人々も、それぞれに深い傷を負った。

大津波から6年となる2017年初春、筆者は現代も沿岸部を廻り続けている黒森神楽の足跡を追って、ドキュメンタリー映画『廻り神楽』をつくった。たくさんの人々の人生に関わっている黒森神楽に随行しながら、復興工事が進む被災地の人々が抱くさまざまな願いを垣間みた。6年というタイミングは絶妙だったと思う。多くの人たちの人生の節目に立ち会うことができた。

津波災害が宿命ともいわれる“津波常襲地域”三陸で、なぜこのような神楽が絶えることなく伝えられてきたのだろう。神楽が背負う宿命は、いつか必ず再来する大災害とともに生きていくことだ。三陸が育んできた伝統文化のすさまじさに、身震いが絶えない撮影行となった。

■神様とともに訪れる廻り神楽

2017年2月。黒森神楽衆の姿は岩手県釜石市根浜の高台にあった。整備された宅地に新築の家がまばらに建ち、建築の槌音が響く。笛と太鼓、手平鉦(てびらがね)を打ち鳴らす10名程の神楽衆が新しい家々を訪れる。今日は高台に移転した集落の“村開き”の祝いなのだ。

家の中で10代から20代の若手の神楽衆が獅子頭を操って〈柱固め〉の舞を行う。厄をはらい、一家の繁栄を祈る儀礼だ。獅子頭がカタン、カタンと軽妙に歯を打ち鳴らし、家の柱や四隅をかむしぐさをすると、一切の悪しきモノがはらい清められる。家の住人の頭や肩を同じようにかむと、みな清々しい笑顔になる。映画の撮影中、この笑顔に何度も出会った。

岩手県沿岸部の人にとって、この獅子頭は特別な存在だ。権現様と呼ばれ、神そのものとして畏れ敬われている。海上安全・大漁祈願の神として漁師に篤く信仰されてきた黒森神社。毎年正月3日に行う黒森神社の祭りで黒森の神様が乗り移ると、獅子頭は神の現身(うつしみ)=権現様となる。権現様を伴って春先に行う神楽巡行は、神様が家々を訪れる“家庭訪問”のようなものだ。

■念願の村開き

この日、釜石市根浜に神楽衆を招いたのは、地区で唯一流されずに残った旅館〈宝来館〉の女将、岩埼昭子さん。地区ではほとんどの家屋が流され17名が亡くなった。鉄筋コンクリート4階建ての旅館は2階までが浸水。厨房は滅茶苦茶になった。「それでも、これくらいの被害で済んだのは神楽のおかげ」と岩崎さんは言う。津波の直前、黒森神楽が訪れて神楽巡行を行っていた。だから「神様に守られた」と言う。実は岩埼さん自身も津波にのまれる壮絶な経験をしたものの、奇跡的に助かり、九死に一生を得たのだった。

一時は旅館の廃業を考えたが、地区のなかで震災前の面影を唯一残す建物を生かしたいと再起を決意した。津波を受けた場所での旅館の復興は、経営者として言葉に尽くせぬ苦労があったと聞く。

それから6年、岩崎さんは念願の“村開き”に神楽を招いた。新築の一軒一軒が〈柱固め〉されるたび、はじけるような笑顔になった。「守られるなー!」と大喜びで叫んでいた。

■神様に守られる感覚

岩手県大槌町にある吉里吉里(きりきり)漁港では、ある漁師が神楽衆に〈船祝い〉を依頼した。船の海上安全と大漁を願う権現様の舞だ。本来は船を新造した際に行うものだが、その漁船は中古船。震災の翌年に、津波で流された前の船の代わりに手に入れたものだった。漁師はこの5年間〈船祝い〉をやれなかったことを気にかけていたのだと言う。ゲンを担ぐ漁師にとって神ごとを欠かすことは茫漠たる不安に通じる。震災後、漁獲は落ち続けている。権現様が〈柱固め〉と同じように船の要所要所をかみ、ひとしきり舞い終えると、漁師の顔がたちまち明るくなるのがわかった。「すっきりした。あとは大漁させてもらうだけ」と言って漁師は神楽衆に頭を下げた。

映画の撮影を通して出会った岩手の人々は、寡黙で、自ら進んで苦労を語らず、みな気丈そうにみえた。しかし、大震災で足元が根本からグラつく経験をし、今も揺れ続けている人たちにとって、神楽のような神ごとに背中を押してもらい「守られる」感覚を得ることは、大きな力の源泉となっているに違いない。

■よろこびにも悲しみにも寄り添う

黒森神楽が活動する範囲は広大だ。北はNHKの朝ドラ『あまちゃん』の舞台となった久慈、南は製鉄で栄えた釜石まで、南北およそ150キロメートルにおよぶ。毎年正月に黒森神社をたち、3カ月程をかけて沿岸各地を訪れるのが〈廻り神楽〉と呼ばれるゆえんだ。それだけに、多くの人たちの悲喜こもごもに伴走することが宿命だと言える。特に各地で神楽衆を迎え入れ、一夜の宿を提供する篤志家の家を〈神楽宿〉といい、長年にわたる付き合いから格別の思いを共有している。

宮古市石浜にある〈神楽宿〉の畠山光八さんの家では、母親の七回忌を弔うための〈神楽念仏〉を行った。母親は当時入居していた老人施設で津波にあった。遺体が見つかったのは3.11の1カ月後。長年、神楽衆を手厚く迎えてくれた人だった。

光八さんの家の座敷に、亡き人の魂を慰め、あの世での幸福を願う神楽歌が響く。権現様がむせび泣くように小刻みに歯を打ち鳴らす。位牌を前にした光八さんは、目を真っ赤に腫らしていた。

人々のよろこびにも、悲しみにも寄り添う。それが黒森神楽のすごいところだ。

■いつも通りが抱く宿命

弔いの〈神楽念仏〉を終えた神楽衆の1人がカメラに向かって語ってくれた。若者頭として神楽衆をひっぱる田中大喜さんだ。「神楽をいつも通りにやれることが尊いのだ」と言う。神楽宿を訪れるたびに、いつもと変わらず、いつも通りに神楽を打ち、いつも通りに笑い合い、いつも通りに再会を約して別れる。それができる事が尊いのだと。大震災によってその尊さをかみしめた。

田中さんはこうも言う。「変えずに伝えることが大切なんだ。先輩から教えられたとおりの神楽をそのまま伝える。自分は中継ぎにすぎない」

奇をてらわず、欲を出さず、昔のままに神楽を伝える。そうすれば、激変する運命を背負ったこの地にあっても、神楽が過去と未来を結ぶものになる。そう言っているようだった。

“津波常襲地域”の三陸を340年以上廻り続ける黒森神楽。悲劇と再生に寄り添ってきた伝統が抱く、すさまじい本質を見た気がした。

■神楽がくれば、春はもうすぐ

2018年1月3日。今年も黒森の神様が獅子頭に乗り移り、神楽巡行がはじまった。刺すように冷たい冬の海風のなかを、神楽衆は権現様とともに「いつも通り」の旅をしているに違いない。三陸の人たちはよく「神楽がくれば、春はもうすぐ」と口にする。春の先触れである神楽が来れば、厳しく長い冬の終わりは近いというのだ。

東京での映画公開がまもなくはじまる。ぜひ三陸の地に春の訪れを告げる〈廻り神楽〉の姿を多くの方々にご覧いただきたいと願っている。もうすぐ東日本大震災から7年だ。

----------

▼黒森神楽
正月になると黒森神社の神霊を移した「権現様」(獅子頭)を携えて、陸中沿岸の集落を廻り、家々の庭先で権現舞を舞って悪魔払いや火伏せの祈祷を行う。夜は宿となった民家の座敷に神楽幕を張り夜神楽を演じて、祈祷の舞によって人々を楽しませる。340年以上、三陸の南北150キロメートルにおよぶ地域を巡り続けてきた。国指定重要無形民俗文化財。

----------

----------

▼作品情報
『廻り神楽』 監督:遠藤協・大澤未来/2017年/日本/94分
2018年1月20日(土)〜[12:30 18:50] ポレポレ東中野ほか全国順次公開
キネマ旬報2017年文化映画ベスト・テン作品
公式サイト https://www.mawarikagura.com/
予告編 https://youtu.be/pC77XwytRpg

----------

----------

遠藤 協(えんどう・かのう)
映画監督・映画プロデューサー
1980年生まれ。慶應義塾大学在学中に民俗学と文化人類学を学ぶ。映画美学校ドキュメンタリーコース修了後、数多くのドキュメンタリー映画やテレビ番組、記録映像等の制作に携わる。とくに日本各地の民俗文化や芸能のドキュメント制作に力を入れている。2012年からは岩手県宮古市の「震災の記憶伝承事業」に参加。震災から5年後の市民の活動を追った『未来へわたすー東日本大震災から5年』(2016)をプロデュースした。

----------

(映画監督・映画プロデューサー 遠藤 協)