ソニー渾身の超小型の高級コンデジRX0の実力は? スマートフォンより小さいのに高画質で撮れる写真の楽しみ

写真拡大 (全6枚)

デジタルカメラの市場は、スマートフォンの登場で大きく変わりました。
スマートフォンで写真を楽しむ人口は爆発的に増えましたが、その影響でコンパクトデジタルカメラの需要が激減したのです。

一方、高価なミラーレス一眼レフカメラなどは、スマートフォンのカメラでは撮影できない高度な写真を撮影できるため、今でも一定の市場を保っています。
そして、新しいニーズとして高級コンパクトデジタルカメラというジャンルも生まれています。

高級コンパクトデジタルカメラは、
ミラーレス一眼レフカメラ同様に、スマートフォンでは実現できない、機能を搭載したコンパクトデジタルカメラです。

コンパクトデジタルカメラというと安価なイメージがありましたが、高級コンパクトデジタルカメラは小型でありながら高性能で高価なカメラです。この高級コンパクトデジタルカメラも、今では人気の製品に成長しています。

そしていま、この高級コンパクトデジタルカメラ市場に、ユニークな製品がまた1つ登場しました。ソニーのDSC-RX0です(以下、RX0)。

ソニーには、高級コンパクトデジタルカメラとしてRXシリーズをすでにリリースしています。RXシリーズは、ミラーレス一眼レフカメラと同等の機能を実装したモデルです。
ミラーレス一眼レフカメラと比較して、センサーサイズが小さいことやレンズ交換機能が無いこと以外は、性能面での遜色はありません。

RX0は、このRXシリーズの1つとしてリリースされています。


RX0とミラーレス一眼レフカメラα7IIのサイズ比較


RX0のユニークな点は、RXシリーズ同様に高性能な機能を搭載しながら、サイズがアクションカムほどしかないことです。掌に持つとすっぽり隠れてしまう小ささです。
見た目はアクションカムかと思ってしまうほどです。

手振れ補正機能を搭載していませんので、基本は固定して使うカメラですが、この小さな本体にRXシリーズと同等のカメラ機能を搭載しているのですから驚きます。


高度な設定が可能なメニュー画面


センサーには1.0型(Exmor RS CMOSセンサー、総画素数約2100万画素)を搭載し、レンズは、ZEISS テッサー T*レンズF値F4.0固定、35mm換算値24mm)という構成です。
画像処理としては、Dレンジオプティマイザー、高感度ノイズリダクション、クリエイティブスタイル、ピクチャーエフェクトを採用。RXシリーズと同等の高機能となっています。それでいながら、幅59.0mm、高さ40.5mm、奥行29.8mm、質量約110g(バッテリー、microSDメモリーカードを含む)という超小型サイズ。

防水性と堅牢性を搭載しているため、アウトドアや外付けレコーダーとしても利用可能ですし、4K動画の撮影もできます。また複数台のRX0同時撮影するマルチカメラコントロールにも対応しています。
小さいながらも、プロユースのような動画撮影まで可能なカメラなのです。

このRX0は、小型なためスナップカメラとしても非常に魅力的です。
背面ディスプレイも搭載していますので、通常のコンパクトデジタルカメラのような撮影もできます。


背面ディスプレイ


手振れ補正は搭載されていないため、しっかり構えて撮影する必要はありますが、スナップ撮影の写真の解像度は非常に高く、十分な画質です。
まさにスマートフォンでは撮影できない高解像度な写真を撮影できます。


作例1



作例2


いまはスマートフォンで手軽に写真を楽しめる時代です、
しかし、たまにはスマートフォンではなく、このような超小型の高級コンパクトデジタルカメラRX0でスナップ撮影にもトライしてみてはいかがでしょうか。

写真の新しい魅力を再発見できます。


伊藤浩一