谷原秀人、日本人して青木功以来の快挙に挑む(撮影:GettyImages)

写真拡大

<アブダビHSBC選手権 初日◇18日◇アブダビGC(7,583ヤード・パー72)>
欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」の第1ラウンド。今大会に日本勢として唯一参戦している谷原秀人が、2017年の欧州年間王者トミー・フリートウッド(イングランド)と並び、6アンダーの首位発進を決めた。欧州ツアーでの首位発進は自身初。
【関連】松山英樹&谷原秀人が水切りショット披露!
世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)、同11位のローリー・マキロイ(北アイルランド)らトッププレーヤーを差し置いて、この日の主役としてリーダーボードを駆け上がった。6バーディ・ノーボギーの“66”は、欧州ツアー初日における自己ベストスコア。「パッティングもすごくさえていたし、ボギーがないのが本当によかった」と、会心のラウンドに笑顔を見せた。
欧州単独開催において、日本人で過去に優勝を果たしたのは、1978年に「マッチプレー選手権」を制した青木功ただ一人※。「青木さん以来のツアー優勝を目指しています。そのために戦っているし、チャレンジしている」。快挙達成へ意欲は十分。“世界のタニハラ”として飛躍を遂げるべく、残り3日間の戦いに挑む。
※欧州ツアーの試合としてカウントされる世界ゴルフ選手権では、松山英樹が2016年に「WGC HSBCチャンピオンズ」、17年に「WGC-ブリヂストンインビテーショナル」で優勝している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

無敵の王者、DJを揺さぶった谷原秀人の大健闘 【舩越園子コラム】
世界を股に掛ける谷原秀人 つくづく思うのは「日本人で本当に良かった」
“谷原”ルートか“岩田”ルートか、日本人選手が描く海外への道
松山英樹のWGC制覇 青木功、丸山茂樹、片山晋呉らが祝福の声
テーラーメイドの新作発表 『M4』&『M3』の【ツイストフェース】に震えが止まらない