2017年衆院選での「1票の格差」めぐる訴訟 福岡高裁が「合憲」と判断

ざっくり言うと

  • 「1票の格差」が最大1.98倍だった2017年10月の衆議院議員総選挙
  • 同選挙は違憲だとして弁護士グループが選挙無効を求める訴訟を起こしていた
  • 福岡高裁は19日に「合憲」と判断し、請求を棄却する判決を言い渡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング