長谷部誠、34歳の誕生日をブンデス公式が祝福 「84%のパス成功率を誇る」と称賛

写真拡大

公式ツイッターに投稿 「フランクフルトの守備的な配球者」と紹介

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は、1月18日に34歳の誕生日を迎えた。

 ブンデスリーガ公式ツイッターの英語版も、長谷部の誕生日を祝福。ハリルジャパンのキャプテンは、パス成功率の高さから「守備的な配球者」と称賛されている。

 膝に負傷を抱える長谷部の34歳の誕生日を、同ツイッターでは以下のように祝福している。

「フランクフルトの守備的な配球者、マコト・ハセベは今季84%のパス成功率を誇っている。我々の記録を誇る日本人選手、ハッピーバースデー」

 日本代表での定位置はボランチだが、フランクフルトのニコ・コバッチ監督からは主に最終ラインからのフィードを求められる長谷部。その成功率は84%だという。

 膝の負傷を抱えながらも、13日のフライブルク戦でリーグ戦4試合ぶりの出場。1-1のドローに貢献した男は、20日のヴォルフスブルク戦でバースデー勝利を飾りたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images