大雪で長時間立ち往生したJR信越線 代替バスの提案を検討せず放置

ざっくり言うと

  • 新潟県三条市のJR信越線が大雪の影響で15時間半にわたり立ち往生した問題
  • JR東日本新潟支社は、同市からの代替バスの提案を検討せずに放置していた
  • 支社長は「バスでは十分な容量がなく、全員の救済は困難と考えた」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング