Image: Gizmodo US via Nintendo

ごっこ遊びだけど無料じゃない。

1月18日、任天堂が新たに発表したNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の周辺機器「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」。そう、Switchのゲーム体験を強化する画期的なアイテムです。2018年4月20日に発売予定で、同梱されているNintendo Switch用ソフトとダンボールのキットを使えばSwitchがピアノ、ミニハウス、釣り竿など、新しいデバイスに進化します。

プレイヤーはダンボール式のモジュールキットを組み立て、完成したキットにSwitchのコントローラーをはめ込みます。そしてコントローラーのセンサーが組み立てられたキットに反応し、専用ソフトと連動することで遊ぶことができる…という仕組みです。

見たところ、奇抜さ、楽しさ、そして戸惑いが混ざり合ったような...そんな印象を持ちました。

まず、車や釣り竿、ピアノ、家、モーターバイクを含めた、動画で登場するLaboのパーツのほとんどが70ドル(日本では税別6,980円)する「Variety Kit(バリエティキット)」の一部です。

これらのパーツにどんな価値があるのか、しっかりと任天堂が説明してくれています。

・Toy-Con RC Car(リモコンカー):左右のコントローラーを組み立てたリモコンカーの中に差し込み、Nintendo Swtich本体のタッチスクリーン操作を使ってリモコンカーを操作します。コントローラーのHD振動機能が車が走るときの振動を再現します。2つのリモコンカーを組み立てるための素材が同梱されています。

・Toy-Con Fishing Rod(釣り竿):Nintendo Switch本体を支えるクレードルにつながった、回転式リール付きの釣り竿を組み立てます。エキゾチックな魚がSwitch本体のスクリーン上で泳ぎまわっているので、釣り竿を投げ入れ、リールを緩めて釣り針を下ろし魚を捕まえます。リールにはめ込まれたコントローラーから振動を感じたら、すぐに釣り竿を引っ張り上げ、急いでリールを巻いて魚をキャッチしましょう!

・Toy-Con House(おうち):組み立て用のさまざまな種類のブロックを家の横と底のスペースに差し込むことで、正面を向いているNintendo Switchのスクリーン上で、おうちを触ったり、ゲームをしたり、可愛らしい生き物にエサをやったりすることができます。家の煙突部分に差し込む右コントローラーのIRモーションカメラで、それぞれのブロックの異なる形状を認識します。

・Toy-Con Motorbike(バイク):左右のコントローラーを組み立てたバイクのハンドルバーに差し込み、Nintendo Switchのスクリーン上でバイクを運転します。イグニッションボタンを押すことでエンジンがかかり、右ハンドルを回すとスロットルが作動します。体を傾けたり、ハンドルバーを左右に曲げることでバイクを操作していきます。

・Toy-Con Piano(ピアノ): 美しく作られた13キーのピアノを組み立て、Nintendo Switch本体とコントローラーを差し込めば、それぞれ異なるキーを押すことでオリジナルの音楽を創作することができます。新しいサウンドエフェクトやトーンを変えるために別途組み立てられたノブも差し込むことができます!

動画の最後のほうに登場するロボットは、別のキットに入っており、値段は80ドル(日本では税別7,980円)です。

・Toy-Con Robot(ロボット):ウェアラブルロボットスーツを作り、ロボットになりきって操作するために左右のコントローラーをバックパックとバイザーの専用スロットに差し込みます。Nintendo Switch本体を専用ドックにセットするとテレビにロボットが表示されます。ゲーム内の建物やUFOを破壊することができるロボットモードを含めたたくさんのゲーム体験ができるようになっています。

どことなく懐かしい感じで、想像上の遊びを実現したような描写のリリース動画を見ると、すぐに和感を覚えてしまいます。いわゆるこういう「ごっこ遊び」の最大のポイントは、子どもの想像力が無限大だということではなく、ごっこ遊びは無料であるということなんです(そしてこのキットは無料ではありません)。モジュール式のダンボール箱が、HDグラフィックスによって台無しにする以外に一体どうやって子どものごっこ遊び体験の質を高めてくれるというのでしょうか?

皮肉屋のために言っておくと、実際に期待できる点は、おそらくSwitchが進化しているということなんでしょう。これはSwitchの機能を最大限に駆使した初のセットのようであり、ただゲームをプレイすることや、ハイブリッド型のモバイル/コンソールデバイスにできること以上の役割を果たしてくれるようです。

進化という意味ではおそらく任天堂に限界はないのかもしれません。その進化の過程における今回の第一歩は、新しいようで親しみのあるように見せると同時に、見かけだおしのように見せることにも成功したんじゃないでしょうか。

まぁどちらにしても、任天堂は成功するかもしれませんね。

※改めて、Nintendo LaboにはNintendo Switch用ソフトとダンボールのキットが同梱されています。ただNintendo Switch用ソフト「1-2-Switch」が税別4,980円だったことを考えると、ダンボール代で2,000〜3,000円もプラスされるのは確かに割高かも…。



Image: Gizmodo US via Nintendo
Source: Nintendo, YouTube

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文]
(Doga)