画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ハイアールジャパンセールスは1月19日、前面にタッチ操作パネルを備えた前開き式冷凍庫を発売した。容量別に、153Lの「JF-NUF153A」、138Lの「JF-NUF138A」、102Lの「JF-NU102A」を用意した。価格はオープンで、推定市場価格はJF-NUF153Aが43,000円(税別)、JF-NUF138Aが38,000円(税別)、JF-NU102Aが27,000円(税別)。

前面のドア上部には、タッチ式の操作パネルを採用。従来モデルのように冷凍庫の背後に回らずとも、温度や急冷凍モードの設定が行える。庫内温度は、JF-NUF153AとJF-NUF138Aが弱から強の5段階、JF-NU102Aが-16度から-24度まで1度単位でコントロール可能だ。

庫内温度が一定時間-5度を上回るとランプが光る「温度異常警報機能」も備えた。庫内にはLED庫内灯を取り付けており、庫内が明るく見やすい。F-NUF153AとJF-NUF138Aには、熱伝導率が高いアルミトレイを同梱。急冷凍モードと組み合わせることで、食材を素早く冷凍可能だ。

上板耐荷重は30kgまで。フリーザー性能はフォースター。冷却方式はJF-NUF153AとJF-NUF138Aがファン式、JF-NU102Aが直冷式。JF-NUF153Aは、本体サイズがW502×H1,300×D598mm、重量が40.0kg。JF-NUF138Aは、本体サイズがW502×H1,175×D598mm、重量が38.0kg。JF-NU102Aは、本体サイズがW500×H990×D550mm、重量が32.0kg。