(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大 (全2枚)


(写真提供=SPORTS KOREA)シム・ソッキ


平昌五輪の開幕が間近に迫る中、韓国に衝撃が走っている。

同国のお家芸であるショートトラックの有望選手が、コーチから暴行を受けたというのだ。

その選手とは、シム・ソッキ。

前回のソチ五輪では、女子3000mリレーをはじめ3つのメダル(金1、銀1、銅3)を獲得した韓国のエースだ。

彼女は同国ショートトラック代表の主将も務め、金メダル候補の筆頭として期待を集めているだけに、今回の不祥事には、韓国メディアも「シム・ソッキのコーチ暴行事件、ライバルと優勝も約束したのに“衝撃”」(『ヘラルド経済』)、「平昌を目前に…ショートトラックの看板シム・ソッキ、コーチに暴行を受ける」(『朝鮮日報』)などと大騒ぎしている。

【画像】韓国“3大チアリーダー”の平昌聖火リレーが超絶かわいい!!

休憩時間に呼び出され…

事件が起きたのは今月16日のことだった。

鎮川(チンチョン)選手村でトレーニングを行っていたシム・ソッキは、休憩時間にチョ・ジェボムコーチに呼び出され、手で殴られたのだという。

韓国のスケート関係者はこう証言している。

「チョ・ジェボムコーチがシム・ソッキを呼び出し、叱責する過程で暴行を加えたと聞いています」

チョ・ジェボムコーチの暴行を受けたシム・ソッキは、その日の午後に選手村を離れ、病院で治療を受けることになった。

ただ、彼女はその後、選手村には戻らなかった。

暴行を受けたことに傷心し、選手村を離れたのだという。

シム・ソッキは翌17日にも選手村に戻らず、同日に行われた文在寅大統領との晩さん会も欠席。

事件から2日後の18日の夜にようやくチームに合流し、トレーニングを再開した。

この暴行事件を受け、韓国スケート連盟は18日に緊急会議を招集し、チョ・ジェボムコーチに職務停止処分を下している。

同連盟の関係者は、現地メディアにこう説明している。

「五輪を目前に控えていることを考慮し、これ以上問題が拡大しないように、まずはコーチの職務を停止した」

同連盟は今後、チョ・ジェボムコーチとシム・ソッキ本人から、事件の経緯を詳しく聞く方針だ。調査の結果、暴行の事実が明らかになれば、追加の処分を科す可能性もあるという。

なお、チョ・ジェボムコーチの代役として、同連盟競技理事のパク・セウ氏が女子代表チームのコーチに就任している。

“恩師”が暴行に至った背景

そもそもチョ・ジェボムコーチは、シム・ソッキを発掘し、金メダリストに育て上げた張本人である。

シム・ソッキ自身も、もっとも尊敬する人物にチョ・ジェボムコーチを挙げているほど、二人の関係は深い。

それなのになぜ、今回の暴行事件が起こってしまったのか。

ある韓国スケート関係者はこう語っている。

「ホームで初めて開かれる冬季五輪が近づき、成績に対するプレッシャーが選手とコーチに重くのしかかっていた。精神的に追い込まれていた状況で、二人の間に摩擦が生じ、結果的にこのような事件が起こってしまったのではないでしょうか」

平昌五輪まで残り約3週間。

今回の暴行事件が韓国選手たちにどのような影響を及ぼすか、注目したい。

(文=S-KOREA編集部)