東急グループのケーブルテレビ事業者 イッツ・コミュニケーションズ(iTSCOM/イッツコム)は、MVNOサービス「イッツコム スマホ」の提供を2月8日に開始する。

 「イッツコム スマホ」は月額900円から利用できる音声通話対応のSIMサービス。イッツコムのサービス契約者向けに訪問販売や「iTSCOM スポット」で提供される。

 月間の高速データ通信容量が0GB(低速通信のみ)、3GB、6GB、8GBのプランを用意。規定の容量を使い切ると上下200kbpsで通信できる。3GB、6GB、8GBプランでは1通話10分までのかけ放題付きプランもラインナップする。

料金イメージ

 セット端末として「ZenFone 4 Max」や「HUAWEI P10 lite」などをラインナップ。スマートフォン初心者向けのホーム画面として、セット端末にはよく利用する連絡先やアプリを大きく表示するホーム画面がプリインストールされる。

 セキュリティアプリが無料で提供されるほか、契約時には主要アプリのインストールや自宅Wi-Fiのなど初期設定などのサポートサービスも利用可能。

 同サービスは日本ケーブルテレビ連盟とインターネットイニシアティブ(IIJ)が全国のケーブルテレビ事業者向けに提供するMVNOプラットフォームを活用して提供される。