夏場は誰しも汗をかくものなので体臭がきつくなってしまうのは当然。でも空気が乾燥している冬なのに体臭がきつく感じることはありませんか?冬なのに体臭がきつくなる原因について紹介しましょう。

冬は基礎代謝が上昇するため

意外と知られていないものですが、夏よりも冬のほうがヒトの基礎代謝が高いことがわかっています。基礎代謝の上昇した状態では、誰しもちょっとした動作で汗をかきやすくなります。更に冬はしっかりと汗をかく機会が減少するため、汗腺機能が低下し、夏よりも濃い汗をかくようになります。濃い汗とは臭いを発生する菌類の繁殖原因となる成分がより多く含まれている汗のこと。これらをふまえると、臭う汗をより多くかきやすくなる冬は、ある意味臭って当然というわけです。

暖房の効いた室内と外の寒暖差の影響

人の汗の分泌を制御しているのは自律神経の働きによるものだといわれています。身体がほてると体温低下を図るため汗をかくのもそうですし、緊張した際は交感神経が活発化して汗をかいてしまうのもそのためです。冬は外の低気温と暖房の効いた暖かい室内では、大きな寒暖差が生まれます。この際寒いと暖かいが切り替わると、人は自律神経の活動により体温調整を図るわけですが、この自律神経の活動時にこそ多くの汗をかいてしまうのです。しかも臭いリスクの高い、濃い汗が多く出てくるので、冬場は臭って当然だといえるのです。

着込んだ厚着によるもの

当人が防寒のために着込んだ厚着による可能性もあります。冬場に着込む服は誰しも、冬の寒さを遠ざけるため、風通しの悪く、保温効果の高いものを選びます。しかも洗濯が回数も少なくなっている可能性はありませんか? 衣類の繊維に臭いは染み付きやすいもの。体臭だけでなく、外出先でのタバコや食事の臭いが染み付いている衣類をお手入れせずに着続けていると、どんどん臭いが悪化します。洗濯しづらい素材の衣類であっても1日着たら必ず休ませブラッシングや天日干しするなどのお手入れを怠らないようにしましょう。靴のお手入れも同様です。

冬の方が夏よりも臭いリスクが高いのですから、入浴や食べ物、口臭ケアなども念入りに行い、いつも清潔感のある爽やかな人を目指したいですね。


writer:サプリ編集部