画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは2018年1月17日(米国時間)、「Official Google Webmaster Central Blog: Using page speed in mobile search ranking」において、2018年7月からモバイル向けGoogle検索のランキング結果にページの表示速度を反映させると発表した。

その結果、表時速度の遅いページがランキングを下げることになる(影響は数%と説明がある)。ただし、表示速度が遅くても、優れたコンテンツを提供しているページは上位にランクインさせると説明している。

Googleはすでにデスクトップ向けの検索にはページの表示速度を評価対象の1つとして採用している。Googleは今後モバイルに関しても同様の指標を取り込むことになる。Googleはコンテンツ提供者に対してページの表示速度の高速化を推奨しており、参考になる情報や検査ツールとして次のページを紹介している。

Chrome User Experience Report

Lighthouse によるウェブアプリの監査

Google PageSpeed Insights

現在のWebページはレスポンシブデザインを実現しつつ、さらにユーザーに対して優れたUI/UXを提供するために最新のJavaScriptフレームワークなどを組み合わせて利用しており、速度改善にはそれなりの技術が必要になってきている。Googleが記事で紹介しているツールはページの内容を自動解析し改善案を提案しており、高速化手法の資料として参考になる。