折木良一『自衛隊元最高幹部が教える 経営学では学べない戦略の本質』(KADOKAWA)

写真拡大

自衛隊では年に一度、体力検定が行なわれる。走る、投げる、飛ぶなどの基礎的な体力があることは昇任選考でも考慮されるという。つまり高級将校であっても走れなければダメなのだ。なぜそこまでやるのか。自衛隊トップの役職である統合幕僚長を務め、映画『シン・ゴジラ』の統幕長のモデルともされる伝説の自衛官・折木良一氏が、その狙いを解説する――。(第5回)

■仕事力を高めるトレーニングの科学的効果

第4回の「なぜ自衛隊は『即断即決』を訓練するのか」において、危機的な状況のなかにおいて、いかに強靭なメンタルを保つべきか、ということをお話しました。第3回の「なぜ自衛隊は休むことを命令するのか」においては、「戦力回復」という概念で、休息がいかに組織の生産性を上げ、戦略の成功確率を高めるのか、ということを述べました。

本稿で指摘したいのは、そうしたメンタルの維持や休息の重要性に勝るとも劣らない、しかし誰もがつい見逃しがちなことです。読んでみれば、当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、当たり前を日々実践することこそ、難しいことはありません。

ひと言でいえば、それはフィジカル、つまり身体を健康に保ち、かつ鍛え上げる、ということです。昨今はビジネスパーソンのあいだでも、健康に対する意識がかつてないほど高まっているように見受けられます。しかしそこからさらに進んで、自らの身体を鍛え上げることが、じつは任務(仕事)においても高いパフォーマンスを出すことにつながる、という意識をもつ人は、まだ少ないのではないでしょうか。

運動やトレーニングは、睡眠と同じように、脳によい刺激を与え、神経伝達物質のバランスを整えてくれますし、運動することで交感神経が活性化されると心拍数が上昇し、軽い興奮状態になります。人間は交感神経優位の時間が増えると意欲的になり、ポジティブな感情になるといわれます。

公益社団法人日本心理学会のウェブサイトによれば、ポジティブ感情を経験することが創造的な思考活動や学習機会を増加させるなど、行動のレパートリーを広げ、さまざまなコーピング(ストレス要因や、それがもたらす感情に働きかけて、ストレスを除去したり緩和したりすること)を可能にするのです。

さらにポジティブ感情には、ネガティブ感情によって高められた嫌な気分や心拍率、血圧など自律神経系の症状の進行を止め、素早く元に戻す効果があることも示されています。つまり、業務遂行に伴う逆境やストレスに直面しているビジネスパーソンは、ポジティブな感情になることで、思考や行動のレパートリーを拡大させながら、ストレスやネガティブ感情がもたらす身体的弊害を緩和することができるのです。

■高級指揮官も自らを積極的に鍛えている

また、ジョギングやウォーキング、サイクリングといった太陽の光を浴びながら一定のリズムで身体や筋肉を動かすリズム運動は、心のバランスを整える神経伝達物質のセロトニンの生成を促します。日中、気分がシャキッとして集中力の高い状態で仕事に取り組めるのは、セロトニンの作用が大きいといわれます。しかもセロトニンには、脳内物質のドーパミンとノルアドレナリンのバランスをほどよく保ち、これらの物質の暴走を抑える働きがあるとされます。

そもそも自衛隊員にとっては、身体を鍛えるということは「仕事」であり、「任務」でもあります。とくに、過酷な環境下で任務を行なわなければいけない現場の第一線の部隊・隊員にとっては、強健な体力が求められます。そのためには、日常的に体力を錬成することを意識しなければなりませんし、体力の向上そのものがパフォーマンスを高めることに直結するのです。

逆にいえば、自衛隊にとってはパフォーマンスを高めるためにこそ、体力を向上しなければならないということです。後述するレンジャー訓練は選抜された一部の隊員が受ける特殊な訓練ですが、一般隊員の一日も、朝礼前の小部隊単位による自衛隊体操、あるいは軽いジョギンクなどから始まります。

よく誤解されますが、自衛官といえども決して一日中運動をしているわけではなく、多くの時間を占める訓練や他の業務を通じて必然的に体力が維持され、向上しているというのが実態です。一日の課業が終わると、多くの隊員はスポーツ活動や駆け足などで自らを鍛えています。現在は高級指揮官も自らを鍛えています。体力錬成においてもリーダーが率先する、姿を見せるということは大切なことなのです。

自衛隊では年に一度、体力検定が行なわれます。個人ごとに走る、投げる、飛ぶなどの基礎的な体力を検定し、年齢ごとに設けた基準で級づけします。受験すること、合格することは昇任選考でも考慮されます。

■少しストレッチしないとできない任務がなぜ重要か

ここでは、そうした身体トレーニングの究極に位置する、自衛隊で最も苛酷な訓練を紹介しましょう。陸上自衛官全員でも、たった数%しか修了者の証である徽章を有していない「極限の訓練」。徹底的に精神と肉体を追い込むことで、真の戦いにも絶対に負けない戦士としての技術と身体と心を手に入れる。それが「レンジャー訓練」です。

レンジャー訓練とは、体力づくりや野外でのサバイバル技術の習得をはじめ、ロープを使った登降技術、襲撃などの各種戦闘技術訓練を行なったうえで、さらに実戦的な訓練に移行し、さまざまな難易度の任務をクリアしながら、体力・精神力・忍耐力・協調性を徹底的に養う、約三カ月もの長期訓練です。陸自、海自、空自の三自衛隊のなかでは唯一、陸上自衛隊だけがレンジャー訓練を実施し、修了者にはレンジャー徽章が授与されます。

一度の訓練に参加するのは、一般隊員から選りすぐられた約20人。そこで想定される実戦シナリオは、少数精鋭の部隊として、主力部隊とは別に行動しながら糧食の補給を受けずに敵陣深く侵入し、重要目標を攻略するという、困難な任務を遂行することです。選抜試験に合格した陸上自衛官だけが、レンジャー訓練を受けることを許されます。

前半の基礎訓練では、重量3.5キログラムの小銃を両腕で胸の前に抱えた姿勢で16キロメートルのオフロードを駆け抜けたり、ロープ技術やゴムボートの扱い方など、戦闘に必要な技術を一通り習得します。隊員はペアになってお互いをバディと呼び合い、訓練修了まで助け合ったり、励まし合ったりして信頼関係を深めていきます。

後半の実戦的訓練では、一日で終わる任務、二日をかける任務、三夜四日の任務……と徐々に作戦期間を延ばしながら任務の難易度を上げていき、最終的には約一週間にわたって連続で行動する任務のシナリオが与えられます。

実戦的訓練の最初は期間も短く、体力的にもまだ力が残っているので、それほど過酷さを感じる隊員はいません。しかし、徐々に任務の期間が長くなり、食料や睡眠時間も減らされていきます。食料が底をつき、リーダーやチームのメンバーが脱落した状況でも、命じられた任務を絶対に達成できるチームや隊員を育成する。それがレンジャー訓練の目的です。

■「そこまで追い込むぞ!」という訓練

レンジャー訓練では、メンバーに対してほぼ一対一の割合で教官がつき、さらにその陰で支援するサポーターが大勢、配置されます。メンバーが失神しても教官がすぐに助け、負傷したり、病気になっても教官とサポーターがベース拠点に連れて帰る安全管理体制が整えられています。これは基礎訓練から実戦的訓練の両段階まで、メンバー個人の肉体的・精神的限界を体験させ、「そこまで追い込むぞ!」という訓練であることを意味します。

教官はマンツーマンに近いかたちでメンバーを見ているので、肉体的に弱い者には体力の部分で追い込み、精神的な弱さがある者には、後半の実戦的訓練の厳しい状況でリーダーを任せて追い込んだりします。そのなかで本人に自らの精神的・肉体的な限界を自覚させておけば、真の戦いでは、倒れてチームの足手まといになる寸前まで行動できるのです。

すべての任務を達成すると、レンジャー徽章が授与されますが、レンジャー徽章の取得自体は昇進が有利になるわけでも、手当が出るわけでもありません。得られるのは、名誉とプライドだけです。

■訓練の前後で隊員は別人のように変わる

ところが、驚くべきことに、レンジャー訓練の前後で、隊員は別人のように変わります。自らの限界まで挑戦したという自負心、大概のことでは自分は潰れることはない、何があっても生き延びて戦えるという自信に満ちた表情を、レンジャーを終えた隊員は見せてくれます。自分に対して自信をもつということは、体力的・精神的な極限を経験することにより、弱みも強みも含めて自分自身を知り、自らの可能性を覗けたということでしょう。

それがあるからこそ、レンジャー訓練は現場のリーダーとして成長するための、あるいは自衛官としての生涯に大きな転機となるのです。若い隊員は、チームの中核となり、より積極的に困難な任務にも取り組むようになります。若手幹部は、極端にいえば自分の父親のような年齢の部下も多くもちますが、彼らを指揮・統率していくうえでも大きな自信となります。

彼らは通常の部隊に戻ると尊敬の眼差しを向けられます。レンジャー徽章をもつ隊員がいることで、その所属部隊も活気づくのです。レンジャー訓練は個人の成長だけでなく、その隊員が所属する組織にとっても有用といえるでしょう。

もちろん、ビジネスの世界でレンジャー訓練のような過酷な研修を実施することは難しいかもしれません。しかし、自分は普段これだけの負荷を自らにかけている、という自信こそが、ビジネスの世界においても自分が困難な状況に置かれたとき、そうではない人と比べて大いなる力を発揮してくれるのではないでしょうか。

(自衛隊第3代統合幕僚長 折木 良一)