(左)コンサルタント 田中優樹さん(中)コンサルタント 張 惠媛さん(右)デジタルフォースシェルパ マネージャー 細川 渉さん

写真拡大

企業の経営幹部や管理職を養成する講座では、どんな本をすすめているのか。雑誌「プレジデントウーマン」(2018年1月号)では4社に取材。今回は、コンサルティング企業のシグマクシスが新入社員全員に贈っているという12冊を紹介しよう――。

シグマクシス

■「最低限このぐらいの知識は身につけてほしい」

コンサルティングサービスのベンチャー企業として誕生してから約10年。2017年11月には東証1部に上場し、新卒を約50人採用と好調のシグマクシス。ここに入社した新人たちがまず目にするのは、自分の席に積み上げられた“本の山”だ。

----------

新人に贈られる「入社祝い」
▼『人間 この信じやすきもの』
トーマス・ギロビッチ 新曜社/2900円
▼『ワーク・シフト』
リンダ・グラットン プレジデント社/2000円
▼『リーンスタートアップ』
エリック・リース 日経BP社/1800円

----------

「一人ひとりの席に12冊ずつドーンと積んであるので、皆ビックリした顔をしますよ。当社では、これらの本を入社祝いと呼んでいます」

そう笑うのは、人財開発を担当する植村ルミさん。コンサルタントを目指すなら、最低限このぐらいの知識は身につけておいてほしい――そんな思いを込めてじっくり選んだ本を、毎年自分たちの手で新人の机に積み上げている。

ただ、これらの本は読むように言われることも、後でレポート提出を求められることもない。本から何を得るか、それをどう生かすか、もっと言えば実際に読むかどうかまで、すべて本人に任されている。

■「プロとしてのマインドを醸成してほしい」

「その人の意欲を信じているので、当然読んで何かを得てくれるものと思っています。でも、12冊も渡す本当の目的は、プロとしてのマインドを醸成し、当社が期待するレベル感を伝えること。新人にはまずその2点を実感してほしいですね。もちろん集合研修やOJTも行いますが、本を贈る取り組みは創業時から続けています」

----------

新人に贈られる「入社祝い」
▼『2100年の科学ライフ』
ミチオ・カク NHK出版/2600円
▼『バリュー・プロポジション・デザイン』
アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニューほか 翔泳社/2800円
▼『知られざる職種アグリゲーター』
柴沼俊一 日経BP社/1600円

----------

17年に選ばれた本は、ビジネスの基礎やIT・技術系、サイエンス、人間の思考パターン、価値共創、人生戦略など幅広い領域をカバー。コンサルタントへの入り口に立った若者に、同社がどれほどのレベルを求めているかが、よく伝わってくる。

■世の中を動かす個人や組織のあり方を学ぶ

特に植村さんおすすめの1冊が、同社のマネージングディレクター・柴沼俊一氏が書いた『知られざる職種 アグリゲーター』。アグリゲーターとは、自らビジョンを掲げ、実現に必要な人や知識、アセットを組み合わせて、具体的な価値を創造できる「人財(=人材)」のこと。この本は、そうした能力を生かして世の中を動かす個人や組織のあり方をひも解いている。

「今後の企業にどんな人財が必要かを書いた本で、当社の人財開発の指針でもあります。組織の成長は個人の成長なくしてはありえず、個人の成長は学ぶ意欲がないと始まらない。私たちはその手助けとして、本などの学びの環境を整えるんです。内外の良いものを活用して社員や顧客に価値を提供し、ともに成長していく。これは、実はアグリゲーターの行動様式の1つでもあります」

学びたい、成長したいという意欲は誰もが持っているもの。しかし、それも長年同じ環境にいると失われてしまいがちだ。植村さんは、そんな人の「消えかかった火をボッと燃やす」役割も心がけているという。

若手に対しては自ら選んで学べる社内研修プログラムを用意するが、マネージャー以上になれば自ら学ぶべきことを考えるのが基本。そんな姿勢と環境が、同社が目指す「自立型人財」への成長を後押しする。

「知識を得るだけなら本でなくてもいいかもしれません。でも読書は、忙しい毎日の中で自分と向き合う時間をつくってくれる。社員にはこの時間を大切にしてほしいですね」

----------

こんな本も読まれています!
▼『イシューからはじめよ』 
安宅和人 英治出版/1800円
▼『この1冊ですべてわかる経営戦略の基本』
日本総合研究所 経営戦略研究会 日本実業出版社/1500円
▼『企業分析シナリオ』
西山 茂 東洋経済新報社/2400円
▼『基本情報技術者標準教科書』
大滝みや子、坂部和久、早川芳彦 オーム社/1900円
▼『Running Lean実践リーンスタートアップ』
アッシュ・マウリャ オライリージャパン/2200円
▼『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈2〉セクシープロジェクトで差をつけろ!』
トム・ピーターズ CCCメディアハウス/1300円

----------

(辻村 洋子 撮影=市来朋久、小倉和徳)