売りたい商品を検索! どれだけ需要があるのかわかる

写真拡大

 数ある副業の中でも人気の「せどり」。インターネットやアプリでの転売市場が発達した今、商品の仕入れから出品まで手軽にできる。特に「メルカリ」を利用すれば簡単に儲けることが可能だ。達人に儲かるコツを教えてもらった!

◆仕入れる前のリサーチが重要

 転売で大切になるのは、リサーチ力。とくに、自分で値段を決められる「メルカリ」は、転売が初めての人だと相場がわからない。しかし、「『メルカリ』ならばアプリ内で価格調査ができるため、他のアプリよりも簡単に経験不足を補える」(リサイクルアドバイザーの泉澤義明氏)という。

「商品の検索画面で売りたい物の商品名やメーカー名、製品番号を入れて検索すると販売中と売り切れのものが一覧で出てくる。それから、絞り込み機能で売り切れたものだけをチェックしていきます。並べ替えで価格の高い順に見ていけば、どれだけ需要があるのかわかります。1スクロールできるくらい売り切れ品があれば十分でしょうね。何を売るかで迷ったら、自分の興味があるジャンルのものを選ぶと、それまでの知識で目利きできるので、さらにリサーチ力を補うことができます」

 海外の正規店でブランド品の仕入れをしている副業アドバイザーのぞえち氏が気にしているのは「ブランドの公式サイト」。

「為替のチェックはもちろん、ブランドの公式サイトを見て、セールの時期をチェックしています。前年にいつセールがあったか知っておくと、あらかじめ旅程が立てやすいです」(ぞえち氏)

「忙しい合い間にネットで仕入れるなら、アラート機能のある『フリマウォッチ』というアプリがおすすめ」だと、月収600万円を、せどりで稼ぐSHOPUU氏は提案する。

「キーワードを登録すると、関連した商品が提携しているオークションアプリやサイトで出品されると通知で教えてくれるんです。このアプリはあまり知られていないのですが、忙しくて実店舗に行けない人も、通知によって仕入れたい商品の出品がわかるので、買い付けがしやすい。このアプリを使うと本やCD、ゲームソフトの売買に特化した姉妹フリマアプリ『メルカリカウル』に飛ぶことが多いですが、そのときは表示してある“割引額”に要注意。あまりに大幅な割引がしてあると、人間の心理としてつい衝動買いをしやすいのですが、競争率もその分高いので結果的には利益を逃しやすくなってしまいます。それよりも、自分の売りたいジャンルを絞って利益を積み重ねていくほうがいいです」(SHOPUU氏)

《仕入れの秘術》
・基本は自分の好きなモノを
・「メルカリ」の検索機能でリサーチ
・スマホアプリ「フリマウォッチ」をチェック

【SHOPUU氏】
せどりで月収600万を稼ぐ元・給食のおじさん。2014年に会社を副業がばれてクビになり、せどりが専属となる。家族第一をモットーに本業の給料を副業で超える方法に熟知

【ぞえち氏】
副業アドバイザーとして、新時代の働き方を提案。OLとして働きながら、毎月10万円以上の貯金を続け、1000万円近い貯蓄を達成。https://zoechi.com/

【泉澤義明氏】
1970年千葉県生まれ。リサイクルアドバイザー。ネット古物商・ブランドリサイクルショップ『ブルーム』店主。著書に『お金が貯まる「スマホ副業」の稼ぎ方入門』(ぱる出版)

取材・文/六原ちず(中野エディット)

― 誰にも教えたくない……[メルカリせどり]で儲かる秘術 ―