アパート建設に急ブレーキ 一部の物件が不良債権化する可能性も

ざっくり言うと

  • 相続税対策などで増えていたアパート建設に急ブレーキがかかっているという
  • 国交省によると貸家建設は6カ月連続マイナスで、融資を控える銀行も急増
  • 人口減少で空室が増えると、物件の一部は不良債権化する恐れもあるようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング