年金の受け取り開始時期は、いっそ自由選択制にすれば一石二鳥だ

写真拡大

年金の受け取り開始年齢を
70歳以降に先送りできる改正を検討

 公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳以降に先送りできる制度を政府が検討している、と報道されている。

 中には「年金制度の改悪だ」と怒りを覚える読者もいるかもしれないが、これ自体は制度の改悪ではないので、注意したい。単に、受け取りの「選択の幅」を広げるだけで、これまでと同じ選択をすれば何も変わらないからだ。

 現在の受け取り開始年齢は原則として65歳だが、本人の希望で60歳から70歳の間で、自由に選ぶことができる。当然、早く受け取り始めれば毎回の受け取り額は少なくなるし、遅く受け取り始めれば毎回の受け取り額は多くなる。平均寿命まで生きると仮定すれば、何歳で受け取り始めても、受け取り額の総額は概ね等しくなる設計となっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)