ホッキ貝の炊き込み御飯のおにぎりと、スモークされた卵とチーズ、漬物、飴(あめ)が入った室蘭本線母恋駅の駅弁「母恋めし」(筆者撮影)

「北海道の駅弁」といえば、函館本線森駅の「いかめし」を挙げる人が多いだろう。ではほかは?と聞かれて、すぐに答えられる人は実は少ないのではないだろうか。さらに、実際に北海道に行って駅弁を食べたことがあるかと聞かれれば、かなり数が絞られてくると思う。

実は私も現地ではあまり多くを食べていないことに気がついた。なぜなら食べたいものがほかにもたくさんあったからだ。たとえば函館では、朝市の海鮮丼、塩ラーメン、ラッキーピエロのハンバーガー、ハセストのやきとり弁当。札幌だったらスープカレーにジンギスカン、屋台のトウモロコシも外せない……と、すでにこれだけでも手いっぱいだ。

以前は札幌・函館から東京まで帰るときは、よく寝台特急「北斗星」に乗っていた。乗車するとすぐパブタイムの時間、そこでピザとビールを頼むのも習慣であった。駅弁は食べるタイミングがなかった。

北海道ならではの食材たっぷり


この連載の記事一覧はこちら

駅弁を意識して食べるようになったのは漫画「メシ鉄!!!」を描く数年前からのことだ。改めて注目すると、北海道ならではの食材を使った駅弁が多いことに気づかされる。個性的な駅弁を現地で食べてみたい。いくつかの調製元さんにお話を伺いながら、駅弁を食べる3泊4日の旅に出た。

まずは室蘭本線の母恋(ぼこい)駅からスタート。予約しておいた「母恋めし」を受け取る。以前、駅弁大会で母恋めしを食べていたものの、現地で食べるのは初めてだった。受け取りは13時までなので早めに行動しておいたほうがいい。母恋めしは、関根さんご夫婦とお子さん二人のご家族で作られている。関根さんはもともと貝の工芸作家だ。


「母恋めし」の「当たり」は通行手形。一つひとつ手作りで、当たったときは本当にうれしい(筆者撮影)

「私が貝の工芸品を作る際に、使った貝の中身が余る。それをどうにかしたいと考え、料理の得意な妻と共に作りあげたのがこのお弁当でした」。作ってくれた方の顔が見えるお弁当は見た目もとてもかわいらしく、一つひとつがビニールに包まれていておはしを使わず手でそのまま食べられるようになっている。食べる側のことをちゃんと考えてくれているのがありがたい。

ホッキ貝を炊き込んだおにぎりが2個、封を切ったときの香りがとてもいい。ほんのりと甘く、やさしい味だ。ほっき貝はおすし屋さんで一度食べたことがあるくらいだろうか。もちろん炊き込みご飯は初めてで、こんなにおいしくなるとは思わなかった。ほかに燻製の卵とチーズ、こちらの味も申し分ない。おにぎりの片方はホッキ貝の貝殻に入れられているが、40個に1個、「当たり」があるそうだ。当たりは貝に文字が書かれた、関根さん直筆の通行手形。作り手の想いが伝わるお弁当である。

かつての旅気分で味わう「かにめし」


長万部かなやの創業は1928(昭和3)年。「かにめし」は1950(昭和25)年から販売し続けている(筆者撮影)

母恋駅から東室蘭駅に移動、特急「スーパー北斗」で長万部(おしゃまんべ)駅を目指す。長万部駅といえば、かなやの「かにめし」が有名だ。さすがにこれは私も北海道で何度か食べたことがある。以前友達と旅行した際は、あらかじめ予約して特急列車の中で駅弁を受け取った。今も車内販売とともにそのサービスは行われているが、現在は車内販売のある特急の本数が減ったので、確認してから行くことをおすすめする。


列車を模したかなやの休憩所。座席はちゃんと回転し、横から引き出す机も一部使用可能だ(筆者撮影)

「かにめし本舗かなや」は、長万部駅から歩いて数分のところにある。直接来たのは他にも目的があったからだ。昨年、お店の隣に列車の車内を模した休憩所を作ったと聞いたのである。

「自由席」と書かれた看板の入り口を開けるとまさにそこは列車内。前方には液晶テレビが埋め込まれ、流れる車窓の動画が楽しめる。かなや本部長の松島さんにお話を伺った。

「こちらは2002年11月まで青森―函館間で運行されていた快速列車『海峡』で使用されていた座席です。お客様に少しでも旅気分を味わってもらおうと手作りしました。動画も自分たちで撮影しています。こちらでぜひ、かにめしをお召し上がりください」

列車を模した休憩所の開放時間は8時半〜16時。フタをする前の、出来たてのかにめしをいただく。

「一度フタをすると、シイタケやご飯がフタの裏にくっついてしまうんですよ。ちなみにシイタケは、カニ足をイメージしています」

確かに、経木の箱は余分な水分を吸ってくれる。ご飯の上にのったカニは、生そのものではなく、細切りしたタケノコと炒ってあるので、食感に弾力があっておもしろい。うま味を凝縮した味わいだ。掛け紙も昔ながらのデザインで趣がある。動画を見つつ、かにめしを味わっていると、本当に自分が列車旅をしている気分になった。

この日は比羅夫駅まで行き、駅の宿ひらふに宿泊。その時のことは、2017年7月17日付の「ホームで焼肉!駅が『宿』だとこんなに楽しい」という記事に書いたので、ぜひ読んでみていただきたい。

海の幸にジンギスカンに…


小樽駅構内立売商会の「海の輝き」。飽きのこない味だ(筆者撮影)

翌日は小樽駅へと向かう。北海道を代表するたくさんの車両が保存・展示されている小樽市総合博物館に行ってみたかったのだ。駅弁は「海の輝き」を購入。こちらも有名なお弁当だ。1985年に廃線となった手宮線跡の遊歩道を歩きつつ、途中のベンチで食べた。

名前のとおり、蒸しウニとキラキラ輝くいくら、卵、彩られたレンコンが海のお花畑のようだ。一見わからないが細かく切ったシイタケも入っている。見た目も味も楽しめるお弁当だ。そして遊歩道の終着、手宮駅跡地が小樽市総合博物館となっている。このコースは天気の良い日にぜひおすすめしたい。


毎年冬季に販売する札幌駅立売商会の「ジンギスカンあったか弁当」(筆者撮影)

その後は札幌へ移動。ひとつ別の取材を挟み、そのまま札幌泊。札幌では「ジンギスカンあったか弁当」を買った。加熱式のお弁当で、タレに漬け込んだ肉は羊特有の臭みもなく、やわからくて驚いた。海鮮弁当が多い中、目先が変わってうれしい。さすが北海道だ。


旭川駅立売商会で一番人気という「蝦夷わっぱミックス」。ほかにも種類はかなり多く迷ってしまう(筆者撮影)

翌朝早く出発し、まずは旭川駅へ。ここで買ったのは旭川駅立売商会では一番人気という「蝦夷わっぱミックス」。北海道らしく海鮮がふんだんにのったお弁当だ。カニがとても甘い。そしてホタテ、イクラ、ウニ、それぞれのおいしさに驚く。茶飯とそれらを一度にかきこむと、本当に北海道を味わっている感じがする。いくらでも食べられそうなお弁当だ。


「立売」の様子。毎日10〜14時頃の間、特急が来るホームと時間に合わせて移動販売している(筆者撮影)

ところで、北海道で昔から駅弁を販売している調製元は「立売商会」と名のつくところが多い。昔はまさに立売をしていたことから、その名がつき、そのまま使っているのだそう。今となっては立売しているところはあまりないが、ここ旭川駅では特急の発着に合わせてワゴンで立売をしている。

「昨年3月のダイヤ改正で旭川駅が特急の発着駅となったので、ホームでの販売はむしろしやすくなりました」と営業の吉田さん。旭川駅立売商会株式会社は実は釧路の駅弁・釧祥館と稚内駅立売も経営している。

釧路駅店舗は昨年10月末に閉店した、とのうわさを聞いていたが、吉田さんに聞くと「閉店ではなく移転です。12月1日から釧路駅舎横の店舗で営業再開しています。同時に、立ち食いそばも始めました」とのことだった。ちなみにおそばは旭川駅で出しているものと同じものだそうだ。

にしんの駅弁とにしんそば


留萌駅のにしんそば(左)と「にしんおやこ弁当」(右)。駅そばは7〜14時頃まで、弁当は予約しないと買えない(筆者撮影)

旭川駅から留萌駅へ移動すると、駅はにぎやかだった。どこかの大学の鉄道研究会が大勢で連れ立って旅に来ているらしい。混雑の中、予約していた「にしんおやこ弁当」を受け取り、大学生達と横並びになって、にしんそばを食べた。

おそばを食べてしまったので、駅弁を持ったまま増毛駅までバスで移動。まだ線路は残されている部分が多かった。廃駅になってしまったとはいえ、駅舎はちゃんと活用されていた。土・日・祝日のみパッケージに入った「たこ飯」と甘エビ汁がここで売られているようだ。

留萌まで戻り、札幌へ向かう特急の中で「にしんおやこ弁当」を食べた。身欠きにしん2切れ、大きな数の子2切れ。数の子のプチプチとした食感が楽しい。しょっぱくもなく、ちょうどいい塩梅でダシの味が効いている。にしんは小骨が多いが、よく煮込まれているのでそのまま全部食べられる。そばにのっているにしんは甘露煮だったが、またそれとは全然違うものだ。そして増毛の國稀酒造で買った日本酒との相性は最高であった。


函館みかどの「鰊みがき弁当」は1966(昭和41)年以来変わらぬ製法で作られている(筆者撮影)

この日の宿は函館なので、札幌駅を経由して函館駅に向かう。函館の駅弁といえば、「鰊みがき弁当」だ。こちらは大きな数の子が3切れ。にしんは半身1匹分を3等分にしたものが入っている。身はやわらかくてホロホロだ。にしんは苦味と甘露煮の甘さが共存していて、ケシの実の粒がアクセントとなっている。塩気の効いた数の子とにしん、そしてご飯を一緒に食べたときのバランスがとても良く、大人の味だと感じた。

現地ならではの駅弁は「文化」だ

まだまだある北海道の駅弁、ほんの一部ではあるが急ぎ足で紹介した。

北海道の鉄道をめぐる状況は、現在なかなか厳しい。3月の時刻改正でどうなるかはまだわからないが、それによって駅弁の売れ行きにも大きな影響が出るのは間違いない。旅には欠かせない「駅弁」という文化が廃れることがないように、できれば旅先では、その土地ならではの駅弁を手に取ってほしい。


厚岸駅の「氏家かきめし」。調製元、氏家待合所の営業時間は8時半〜14時半で、特急に合わせてホームに届けるサービスは今休んでいるそうだが、そのうちまた再開するとのことだ(筆者撮影)

現在開催されている新宿京王百貨店の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」(以下、駅弁大会)では、今回紹介した全てではないが、かなりの数の北海道の駅弁が販売されている。たとえば最近、東京駅近辺でも見るようになった厚岸(あっけし)駅の「氏家かきめし」。厚岸駅前の調製元、氏家待合所まで行くのは大変だが、現地でしか買えない「氏家かきめし海鮮ミックス」も今ならここで買える。

駅弁大会はこの後、大阪の阪神百貨店、熊本の鶴屋百貨店と続く。遠くの駅弁が近所で手軽に買えるのが駅弁大会の最大の魅力。興味をもった駅弁があれば、ぜひ駅弁大会で買って「予習」、そして実際に行ってみて「復習」してほしいと思う。私自身もこれからも旅先で駅弁を食べることはもちろん、機会がある度に漫画や文章で駅弁を応援していくつもりである。