鈴木大輔フル出場のヒムナスティック、リーグ3戦無敗で12位に浮上!《リーガエスパニョーラ2部》

写真拡大

▽元日本代表DF鈴木大輔の所属するヒムナスティックは18日、リーガエスパニョーラ2部第17節延期分でオサスナと対戦し、2-0で勝利した。鈴木はフル出場している。

▽リーグ2戦負けなし中の18位ヒムナスティック(勝ち点25)が、7位オサスナ(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。鈴木は9試合連続で先発入りを果たした。

▽試合が動いたのは30分、自陣でボールを奪ったオタル・カカバーゼが中盤まで持ち上がり相手DFライン裏へロングパスを供給。これに反応したマヌエル・バレイロがワンタッチで飛び出したGKをかわすと、ゴール右からシュートを流し込み、ヒムナスティックが先制した。

▽迎えた後半は、同点ゴールを狙うオサスナが立ち上がりから猛攻を仕掛け、ヒムナスティックが防戦一方の展開が続く。しかし、集中した守りでオサスナの攻撃を弾き返すヒムナスティックは試合終了間際に決定機を迎える。

▽後半アディショナルタイム1分、自陣で相手のクロスをカットしたバレイロが素早く前線へ蹴り出すと、これに反応したアバロ・バスケスが飛び出したGKをかわしボックス手前まで侵攻。守備に戻った相手DFも冷静にかわしたA・バスケスは、無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽結局、試合は2-0のまま終了。リーグ3戦無敗のヒムナスティックは、12位に浮上した。