【閲覧注意】男子から見た「ar(アール)」のミドコロ!(2月号・後編)

写真拡大 (全21枚)

こんにちは! ライターのカツセマサヒコです。

「ar(アール)」の見所をオトコ(というよりは僕の)独断と偏見で紹介していく当コーナー。前編に引き続き、今回も「ar(アール)」2月号のミドコロを徹底解剖していこうと思います!

超絶怒涛のバレンタイン、襲来!


女子―! バレンタインが来るぞー!! 手作り派も購入派も、準備できてるかー!!
ということで今月号の「ar(アール)」は、怒涛のバレンタイン特集!!!


バレンタインデートにピッタリのレストランの紹介や、チョコではなくモノ派のカレにあげるプレゼント案、カンタンな手作りチョコのつくり方といったハイパー役立つ情報が盛り盛り盛り盛り盛り沢山で超最高なのです。


ちなみに言うまでもないと思いますが、男子は既婚だろうが未婚だろうが義理だろうが本命だろうが、貰ったチョコの数が男としての偏差値と思っている脳みそチョコレートなところがあるので、素敵な女性の皆さんはそこらへんの温度感を理解していただけると幸いです。

ちなみに僕は過去に「チョコ置き場」を作ったのにチョコゼロでフィニッシュした黒歴史も持っています。
そんな男子を救うべく、「ar(アール)」では「義理チョコ」ならぬ「世話チョコ」特集として、値段別やタイプ別で市販のチョコレートを紹介するページもあるので、これもまた超有用!!

 


とくに僕は、「健康を気にする人向け」の左側のチョコレートが気になり過ぎて、


自分で買っちゃいました。
少し体を絞ろうと思って、2018年に入ってから炭水化物と糖質を控えるようにしていたんですけど、「1粒あたりの糖質0.54g」と聞いて即購入ボタンを押してしまった。とうとう自分でチョコを買うまでに至った31歳。

 


しかし、これがもう最高に美味しい。ビターチョコが超絶好きだったので、完全にツボ。ドクターリセラさんの通販でしか売っていないみたいで、届くのに2週間くらいかかったのでバレンタインに間に合わせたい女子はお早めにどうぞ!(何のPRだコレ)

 


あと絶対においしいだろコレって思ったのは、この塩ヴァニラとブルーベリーヨーグルトのチョコをドロッドロに溶かしてスプーンで食べるやつ。多幸感と背徳感で昇天しそうだから絶対に食べてみたい。これは最高な予感しかしませんでした。

今月号の「ar(アール)」、肌に関するスケジュール管理が鬼。

散々甘い話をしちゃったんですけど、今月号は「美肌特集」なんですよね。
で、ぼんやりと2月号を読んでいて気づいたんですけど、


今月号、お肌のスケジュール管理企画がめちゃくちゃ多い。


まずは比留川游さんや堀未央奈さんなどの保湿マニアたちが一日にどんなスキンケアをしているか、スケジュールを追った企画。


続いて、一カ月のどのタイミングでどんなスキンケアをすべきかが一発でわかって、白雪肌、メリハリ肌、ピーチ肌を目指す月間カレンダー特集。


さらに、19時帰宅者用と22時帰宅者用の2タイプにわけて、「帰宅してからお風呂に入って眠りにつくまでの理想的な時間割」を書いた特集まで、

肌に関する時間管理が徹底されすぎててビビる。

当然出てくるスキンケア商品の数も死ぬほどあるので、「2018年、絶対にキレイになって元カレ見返す」とか「今年こそ片思いのアイツを振り向かせる」とギラッギラに燃えている雌ガールの皆さん、今月号はマジで買いです。


でも22時にボロボロになって帰宅したのに瞑想を強いてくることもあるので注意してください。
そんな時間あったら絶対にツイッターやりながらダラダラしたいです。

NEXT:今週も絶叫の準備を。高橋一生&岡田将生が通ります

チョコより甘い高橋一生と岡田将生、いかがですか?

前編では坂口健太郎さんが僕らの脳内で大暴れして大変だったのですが、後半もヤバいです。もう「ar(アール)」2月号、イケメンの巣窟。これから高橋一生さんと岡田将生さんが立て続けに登場しますので、過呼吸に細心の注意を払って閲読ください。
まずは、高橋一生さんです。

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

はい、皆さん息してますか? 大丈夫ですか??

ちなみに高橋一生さん、写真だけじゃなくてコメントも最高でして、


他人から嘘をつかれたことに気付いても、わざと気付かぬフリをすることでその人が嘘ついてる前提で喋ってるのを見るのが楽しいから、黙っているのだそうです。それ、完全に僕らの想像通りの“高橋一生”すぎるでしょ。やっぱりこの人は絶対に首絞めセックスが好きだし、それを求める女子、山の如し確定だと思いました。

では続いて、岡田将生さんです。


アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーー!!!!!!!

岡田将生さんが彼氏だったらいくら貢いでも構わない気持ちになりません? イケメンは顔が前戯って言うけど、それはこの人のための言葉だろうなと今勝手に思いました。

ちなみに岡田さんに「バレンタインに欲しいもの」を聞いてみたら、以下の回答を得られましたので確認ください。

A.今ほしいのは花。

回答が60億点満点かよ。
「僕からのお返しも花になると思いますが(笑)」じゃねえよ女子の人口を減らすな。どこまでも完璧な岡田さんに、嫉妬を通り越して恋の感情すら芽生えそうな僕でした。

ここからは、個人の趣味です。

いろいろ語り過ぎて長くなってしまったので、最後は今月号のベストコーデをお伝えして終わりにしたいと思います。はい、いきますよー。


これです。

男子から「わかる〜〜〜〜〜〜〜!!!」の声が今にも届いてきそうなんですけど、コレくらいラフなやつめっちゃ可愛くないですかどうですか? わざわざ具体的に説明しなきゃわかんないですかね?

この深いVネックから出てる鎖骨――!!!!!

てかホクロー!!!!!!!

 


なんか首輪みたいなやつー!!!!!!


萌え袖―!!!!!!!!!!!!!


黒と白のコントラストー!!!!!!!!!

はい、以上でーす!!!!!


ちなみにこの企画、肌見せコーデには何を合わせるべきかというテーマですが、個人的にはせっかく出した肌は隠さないでくれとしか思えませんでした。
(寒いのはわかるんだけど、わかるんだけども!) 

おわりに

と、いうことで「ar(アール)」2月号のミドコロ、後半戦も好き勝手紹介させていただきました!
次回は3月号でお会いしましょう!

大好きなあの人に好かれたい!と奮闘している女子、頑張って!!
それでは〜〜〜!!!

 

 

 

 

 

そもそも「ar(アール)」ってどんな雑誌?


「ar(アール)」のコンセプトは、「ひとりモテ」。「ひとりモテ」というのは「自分の好きな人にだけモテる」という意味なんですが、「ファッションもビューティーもヘアも、全部好きな人のためにがんばるよ!」っていう女子を応援するためのトータルコーディネート誌なのだそうです。何それかわいい。好き。

 

TEXT/カツセマサヒコ
ライター・編集者
2017年4月に独立。小説、コラム、エッセイなど幅広く活躍中。
arwebで『雌ガール、三度目の恋をする』を連載。
Twitter: @katsuse_m

もっとカツセさんのことを詳しく知りたい方はこちら
カツセマサヒコの意外な一面を暴いてきた
カツセマサヒコの恋愛について暴いてきた