今月8日、三井住友カード株式会社と米Dynamics Inc.が、ラスベガスで開催された世界最大規模のエレクトロニクスショー「CES 2018」にて、世界初となる「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に日本で展開する計画を発表しました。

Image: 三井住友カード

この新型クレジットカードは、従来のカードとは違い普段はカード番号の一部が非表示となっており、カード機能も停止しています。

カードに液晶とタッチパネル式のボタンが搭載されており、カードを利用する際にパスワードを入力することで液晶に隠されていたカード番号が表示されるとともに、カード機能が有効となり、磁気ストライプ、ICチップといった決済機能が使えるようになる仕組みです。パスワードは、カードを受け取った後に利用者自身が設定します。

利用後は、液晶のカード番号が再び非表示となり、カード機能も停止し利用できない状態となります。

このロック機能付きクレジットカードは、従来の決済インフラや加盟店システム(端末等)での利用が可能で、従来のカードと同じように使うことができるということです。

Image: Dynamics Inc.

今回、三井住友カード株式会社に最新のカード技術を提供したDynamics Inc.は、カード、プロセッシング、モバイル決済の3つの事業を手がける企業で、カード事業では欧米・アジアの金融機関と提携、プロセシング事業ではカナダの大手金融機関と提携、さらにモバイル決済事業では韓国の大手携帯キャリアと提携と、世界中で各国のニーズにマッチした商品開発を行なっています。

またDynamics Inc.はCESにて、カード情報のダウンロード機能を持つ世界初のスマートクレジットカード「Wallet Card」を公開し話題を集めています。この最新技術に対して、米国技術協会(CTA)は「セキュリティ技術に関するイノベーション最優秀賞」を含む「CESイノベーション賞」を4賞、および「より良い世界のための技術・コンピュータ・組込技術部門」の入選を授与しています。

この「ロック機能付きクレジットカード」は日本で2018年中に導入される予定とのこと。クレジットカードにロック機能がつくことで、セキュリティが高まるのは間違いありません。三井住友カードの代表者もCESにおいて、「本日、日本市場で展開する予定の、世界で最もセキュリティが高い決済カードを紹介します。この新型カードは業界初の仕組みを採用しており、店頭・インターネット等の全ての決済において最高クラスのセキュリティをもたらします」と発表しています。

たしかに、この新型クレジットカードを使うようになれば、カードを紛失しても、すぐに不正利用されるリスクがかなり減りそうなので、海外旅行などでもより安心して携帯できそうですね。

Image: 三井住友カード, Dynamics Inc., YouTube

Source: 三井住友カード, Dynamics Inc., YouTube