17日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、元グラビアアイドルのかとうれいこが、かつて自身の給料アップに島田紳助さんと、故・やしきたかじんさんが一役買っていたことを明かした。

番組では「グラビアレジェンドSP」と題して、かとうのほか、細川ふみえ、山田まりや、インリン・オブ・ジョイトイ、篠崎愛の5人がゲスト出演し、グラビア界のさまざまなエピソードを披露した。

お金事情の話題で、多忙だった当時の収入を聞かれたかとうは「10万円から、ずっと結構長かったです」と、給料制だったことを明かした。MCの中居正広が「えー!?」と驚きつつ「それは言わないとダメですね」と、かとうに指摘。すると、かとうはあるとき、関西の番組で共演した紳助さんやたかじんさんとのエピソードを話し始めた。

かとうによると、ふたりに給料の金額を聞かれた際、10万円だと答えたところ、かなり驚かれたそう。かとうは、「うちの社長に『もうちょっと上げてあげな!』って言ってくれたんですよ」「それからちょっと上がりました」と二人が、当時かとうの所属していた芸能プロダクション「イエローキャブ」の野田義治社長に交渉してくれた結果、給料が上がったのだと明かした。

また、かとうと同じイエローキャブに所属していた細川と山田も最初は給料制だったとして、細川は「給料制なので、どのお仕事でいくらかは知ることはなかった」と告白。住居の家賃は事務所が負担していたこともあり支出は少なかったとしながらも「最初3万円とか5万円とか」「そこから3万円ずつ上がっていったり」と多忙だったにもかかわらず、収入は予想以上に少なかったことを打ち明けていた。

【関連記事】
M字開脚で一世を風靡…インリンのグラビア時代の給料に共演者ドン引き
グラビアアイドル・小島みゆが盗撮被害を告白 実際の映像も公開しスタジオ騒然
現役モデルが業界のTwitter事情暴露…フォロワー数を購入「5000人で2万円」