画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マスターシードは1月18日、UMAXブランドのボディカム「UMX-700W/32G」を発表した。1月19日から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は23,000円前後(税別)の見込み

UMX-700W/32Gは、最大1,920×1,080ピクセル、フルHD解像度の撮影が可能で、最大連続4〜5時間の録画に対応する小型軽量のアクションカメラだ。

スマートフォンより二回りほど小さな箱型をしており、重量は70gで、本体をシャツのポケットやネックストラップに装着しても邪魔にならない。本体に装着済みのクリップは360°回転式なので、ベルトや鞄のストラップなど、さまざまな場所に装着して利用可能。付属のファスナーテープを使用すれば、ドライブレコーダーとしても活用できる。

正面のカメラレンズの下に縦に2つのボタンが並び、上が動画撮影のON/OFF、下が静止画撮影のON/OFFに対応するなど、手探りでも感覚的に操作しやすくなっている。

170°の高画角レンズを採用し、赤外線LED搭載で夜間撮影にも対応。IPX7の耐水性能やMIL-STD-810F、METHOD 516.5 Shock準拠の優れた耐衝撃性能を持ち、レジャーやアウトドアなどで屋外利用したり、セキュリティ対策にも使用できる。スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、カメラ映像のモニタリングや撮影などの各種機能設定も行える。

本体サイズはW42×D29×H66mm、重量は70g。クリップ装着時の本体サイズはW42×D44×H66mm、重量は82gとなる。記憶容量は32GBで、ファイルの記録形式はJPG/MOV。USBコネクタ×1搭載。レンズの明るさはF2.0、モノラルマイク内蔵。専用アプリはiOS9.0以上、Android 4.4以上に対応する。付属品は、360°回転クリップ、ネックストラップ、2x面ファスナーテープ、USBケーブル、ACアダプター、車載電源アダプター、クイックガイド。