木暮賢一郎氏がフットサル代表コーチに就任

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は18日、ブルーノ・ガルシア監督(43)が指揮するフットサル日本代表にコーチとして木暮賢一郎氏(38)が就任することを発表した。なお、同氏はフットサル日本女子代表監督、U-19フットサル日本代表コーチも兼任する。

 また、JFAは昨年まで男子カテゴリーのGKコーチを務めていた内山慶太郎氏(36)が、今年よりフットサル日本女子代表のGKコーチを兼任することも併せて発表した。

 木暮氏はJFA公式サイトを通じて「この度このような素晴らしい機会を頂いたことに感謝しております。日本代表に関われる事は大きな喜びです。これまでの経験を全て注いで、フットサル日本代表全カテゴリーの力になりたいと思います」とコメント。

 一方、内山氏は「この度、カテゴリーを超えてコーチを務めることは大変光栄であり、改めて身の引き締まる思いです。日本フットサルとGKが発展して明るい未来を築けるよう、丁寧に歩みを進めたいと考えています。関係者およびファンの皆さま、どうぞよろしくお願い致します」と述べた。