<SMBCシンガポールオープン 初日◇18日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>
アジアと日本の共同主管で行われている国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」の第1ラウンドは雷雲接近の影響により、現地時間午後5時3分に競技が中断。その後、日没のためにサスペンデッドが決定した。

5アンダー暫定首位タイは、2017年「マスターズ」覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)、2010年「全英オープン」覇者のルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)、カート・キタヤマ(米国)、ティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)の4人。3アンダー暫定7位タイで小平智と小田孔明が日本勢トップに並んでいる。
今季から6年ぶりに日本ツアー復帰となる石川遼は、6バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“69”をマーク。2アンダー暫定11位タイで2018年初日を終えた。また、国内賞金王の宮里優作は1オーバー暫定75位タイ。昨年覇者のプラヤド・マークセン(タイ)も同順位でフィニッシュしている。
【初日の暫定順位】※は未ホールアウト
1位T:ティラワット・ケーオシリバンディット(-5)※
1位T:セルヒオ・ガルシア(-5)
1位T:ルイ・ウーストハウゼン(-5)※
1位T:カート・キタヤマ(-5)
5位T:ガガンジート・ブラー(-4)※
5位T:ルーカス・ハーバート(-4)※
7位T:小平智(-3)※
7位T:小田孔明(-3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼・復活優勝へ】宮崎で取り戻した自信の裏にレジェンドの言葉あり
石川遼に何が起こっているのか、プロコーチ井上透はこう見る
石川遼に何が起こっているのか、田島創志はこう見る
日本復帰の石川遼、キャロウェイの新クラブで追い風なるか!?
テーラーメイドの新作発表。『M4』&『M3』の【ツイストフェース】に震えが止まらない