女性から触られることにドキドキしてしまう男性は、きっと多いはず。

さりげなく上手にボディタッチできれば、男性はあなたにメロメロになってしまうかも!?


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男をメロメロにする“悩殺ボディタッチテク”をご紹介します。

 

■「太もも」を軽くくっつける

手や肩などであれば、ふとしたときにちょっと触れることができるかもしれません。しかし男性の“太もも”に触るということは、そうそうないでしょう。だからこそ、太ももへのボディタッチは男性に大きなインパクトを与えることができるでしょう。

たとえば飲み会で気になる男性の隣の席に座っていたのなら、さりげなく太もも同士を軽くくっつけてみると、男性はかなりドキドキするはず。もう少し大胆にできるのであれば、トイレで席を立つときに男性の太ももを触ってみるのもアリかも。

 

■驚いたとき「腕にしがみつく」

軽くタッチするよりも、ギュッとしがみついた方が、より男性をドキッとさせられるでしょう。しかし、あからさまにしがみついてしまうと「わざとらしい」と思われて、引かれてしまう可能性が。あくまでも自然な流れの中で行うことが大事です。

自然に見せる方法としては、ビックリすることがあったときに、その勢いで男性の腕にしがみつくことなどがあります。驚いている可愛らしさと、強めのボディタッチというW効果で男心をくすぐることができるはず。

 

■「ふたりきり」になったら触る

男性の中には、人前でベタベタされるのを好まないという人もいるでしょう。恥ずかしさの方が勝ってしまいますし、みんなの前であからさまなアピールをするのも、「冷やかされたくない」という思いから嫌がられてしまう可能性があります。

ただし、ふたりきりのときであれば話は別。みんなの前ではそんな素振りを見せなかったのに、ふたりきりになった途端にちょっと甘えられたり触られたりしたら、そのギャップに男性はやられてしまうでしょう。ふたりきりになったら、少しだけ積極的になってみてもいいかもしれませんね。

 

■さりげなく「自分」に触れさせる

あまりベタベタと触りすぎてしまうと、男性に引かれてしまう可能性があります。また、ボディタッチをすることに不安や抵抗を感じる女性もいるかもしれません。

相手に触れることをためらってしまう場合は、思いきって“自分の体に触れさせる”というのもひとつの手です。「私、手が小さいんですよね」とか「手が冷たくなっちゃいました」なんて言って、さりげなく自分の手に触れてもらうといいかも。会話の流れの中であれば、自然なボディタッチになるはずですよ。

 

女性の方からボディタッチをすることで、気になる男性に好意が伝わりやすくなるでしょう。ポイントは“さりげなく、ちょっと大胆に”。そんなボディタッチをされたら、彼はあなたにメロメロになってしまうかも!?

【画像】

※ Kseniya Ivanova/shutterstock

【関連記事】

※ 男が「遊びの女からのLINE」でついやっちゃうサイテー行為

※ 【男の本音】「こいつ、ヤレる」と思う瞬間は?

※ 【男の本音】“ヤリたい女”と“付き合いたい女”の違い