しきさい(提供=JAXA)

写真拡大

 2017年12月23日、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が気候変動観測衛星「しきさい」の打ち上げに成功しました。しきさいは、JAXAが推進する地球環境変動観測ミッション(GCOM:Global Change Observation Mission)に必要な情報を収集する人工衛星です。

 GCOMでは、10〜15年の長期にわたって地球全体の降水量や気温、植物の生育など気候の変動と密接に関係する情報を人工衛星を利用して観測し、地球規模の気候変動や食料資源量の将来予測などを行います。

 しきさいは5年以上の安定した観測を行うために、電源系統や制御系統を2系統化することによって、1系統に故障が発生しても衛星の性能に影響を与えないような設計になっています。同様の役目を担う衛星は、すでに水循環変動観測衛星「しずく」が運用されており、さらに4基の打ち上げが計画されています。

 これらの衛星から得たデータは、国内研究機関による解析のほか全世界の研究者に提供され、国際的な地球観測計画である全球地球観測システム(GEOSS)10年実施計画でも活用されます。

 しきさいの全長は4.7m、質量は約2tです。少し背の高いタクシーほどの大きさの本体には太陽電池パネルが左右対称に1対搭載されており、太陽電池パネルを展開したときの全幅は16.5mになります。

 軌道は、北極と南極を通過して地球を縦割りにする極軌道を高度800kmで周回します。搭載している観測装置は「可視〜熱赤外多波長光学イメージャ(SGLI)」で、紫外線から可視光線を含め赤外線領域までの広い波長域で撮影が可能なデジカメのようなセンサーです。

 地上解像度は250m〜1kmで、地球上の同一地点を2〜3日ごとに観測します。太陽エネルギーを反射したり吸収したりする、ちりや雲、二酸化炭素を吸収する植物や海洋プランクトンなどの分布に関するデータの収集を行います。また、地球の熱の出入りを予測して、将来の気温の変動を予測したり気候変動による生態系の変化を観測したりすることによって、将来の気候が食糧供給や私たちの生活にどのような影響を与えるかを予測します。

●地球温暖化が生涯賃金にまで影響?

 2016年は世界平均気温が過去最高値を更新し、特にアジアでは異常高温の影響でインドで580人の死者が出るなど、日本も含め各国で死者が続出しました。さらに、アラスカでは海水温の上昇により有毒藻が大量発生したり、永久凍土が溶けて地中の温暖化ガスが大量放出されたりするなど、これまで私たちが経験したことのない異変が地球に起き始めています。

 それらの原因が人為的なものであることがアメリカ気象学会で報告され、「人類が地球環境に配慮した活動をしなければ、異常気象はさらに増大する」と警告されています。

 また、スタンフォード大学が「米国科学アカデミー紀要」に発表した報告では、地球の平均気温が上昇し猛暑日が増えることは、アメリカ人新生児の生涯賃金にまで悪影響を及ぼすことが指摘されています。

 統計的には、受胎から1歳までの間に気温が32度以上となる日が1日あるごとに、30歳における平均所得が0.1%減少すると算出されました。気温と収入の科学的な因果関係については触れられていないものの、異常高温による学習・労働意欲や作業効率の低下、健康上の問題の発生などが間接的な原因となり、収入に影響を及ぼす可能性は容易に想像できます。

 前述の多数の死者が出たインドでは、気候変動によって大規模な干ばつが発生し、所得を失った農場主が暴動や自殺に至っているという事実もあります。

 農作物への影響については、日本の農研機構が農業のIT化や耐気候変動遺伝子組み換え作物の普及も盛り込んだ最新のデータに基づき、トウモロコシとダイズは今世紀末までの気温上昇が1.8度未満でも、また、コメとコムギは気温上昇が3.2度を超えると収量増加が停滞し始めることを発表しました。

 地球の人口は増大を続けており、この結果は、気候変動に対してなんらかの対策を講じなければ、多くの人が飢えに苦しむ時代がまもなく来るかもしれないことを示しています。

 すでに、私たちがなんとなく「最近、天気がおかしいな」と感じているように、気候変動は実際に進行中であり、さらにそれは人類の将来がどのようになるかを決定する最重要因子と考えられています。

 そんな時代において、気候変動観測衛星しきさいは、子孫に美しいままの地球を残すには私たちがどう振る舞えばいいか、そのヒントを教えてくれる重要なデータをもたらすものとして期待されています。
(文=中西貴之/宇部興産株式会社 環境安全部製品安全グループ グループリーダー)