URBAN CAFE SERIES

写真拡大

 ハイアールジャパンセールスは、20代〜40代前半の単身世帯をメインターゲットに、ステンレス調で統一し、デザインにこだわった家電シリーズ「URBAN CAFE SERIES」を1月16日から順次発売する。価格はいずれもオープン。

 「くつろぎをデザインしよう」をキーコンセプトに、家電の定番色のホワイトを使用せず、ステンレス調のシルバーとブラックで統一した外観で価格以上の高級感と質感をもたせた。

 ラインアップは、冷凍冷蔵庫「JR-XP2NF148E」「JR-XP2NF173E」、洗濯・脱水容量5.5kgの全自動洗濯機「JW-XP2C55E」「JW-XP2KD55E」、3合炊きマイコンジャー炊飯器「JJ-XP2M31E」、50Hz/60Hz両方に対応するヘルツフリーのフラットレンジ「JM-XP2FH18F」の6機種。洗濯機以外は、1月16日発売。

 冷蔵庫は、シリーズ統一のコンセプトである、便利で使いやすい機能を搭載。税別の実勢価格は、容量148L(冷蔵室94L、冷凍室54L)の「JR-XP2NF148E」が3万8000円前後、ワンサイズ大きい容量172L(冷蔵室119L、冷凍室54L)の「JR-XP2NF173E」は4万3000円前後。

 全自動洗濯機は、ともに最短10分で洗濯できる「お急ぎコース」を搭載。税別の実勢価格は、しわケアタイプの「JW-XP2C55E」が2万7000円前後、低騒音タイプの「JW-XP2KD55E」が3万8000円前後の見込み。「JW-XP2C55E」は2月、「JW-XP2KD55E」は3月に発売予定。

 マイコンジャー炊飯器「JJ-XP2M31E」は、ごはんのまとめ炊き・保存に適した「冷凍用コース」を搭載する。税別の実勢価格は8000円前後。

 電子レンジ「JM-XP2FH18F」は、底面がフラットで、約30cmの大きな弁当でも余裕で入る総庫内容量18L。税別の実勢価格は1万2000円前後。