画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は1月18日、AMDとのパートナーシップを通じて、仮想マシン(VM)あたりのコストを従来製品よりも最大50%以上低減できるサーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10サーバー」を発表した。価格は74万4000円〜。

新製品はAMD EPYCシステムオンチップ(SoC)を採用しており、2Uのラックマウント可能な筐体に最大32コアのCPUを2基、計64コアを搭載(従来比+14%)、8チャネル、32DIMMスロットで最大4TBのメモリを搭載(従来比+33%)、最大128レーンのPCI拡張性を有する。

これにより、高いVM密度と優れた性能を実現できるため、利用率と費用対効果の向上が図れるほか、CPUコア、メモリ、I/Oのバランスのとれたスペックにより、仮想化サーバの用途に加え、HPCやデータ分析などのワークロードにも適したコストパフォーマンスを提供することができるという。

また、「HPE Silicon Root of Trust(シリコンレベルの信頼性)」の技術を通じて高いセキュリティを確保し、自社開発の「HPE Integrated Lights-Out(iLO) 5」シリコンチップ内に不変のセキュアアルゴリズムを直接焼き付けることにより、感染したファームウェアコードをサーバが実行しないようにすることを可能としている。

起動時のみならずサーバ稼働中もファームウェアの改ざんの自動検知・復旧を行うセキュリティ機能を有している。

さらに、AMD EPYCプロセッサはメモリの全体、または一部を暗号化し、メモリハッキングやスクレイピングからデータを保護するセキュアなメモリの暗号化のほか、VMとハイパーバイザーは個別の暗号キーを持ち、各VMを相互にまたはハイパーバイザー自体から隔離することで、共有ゲスト領域データへのアクセスを保護するセキュアな仮想化の暗号化を実現するという。

加えて、柔軟な利用形態と特別なファイナンスプログラムにも対応しており、使用量に応じて料金を支払うことで、予測が難しい急なニーズへの対応や利用率の向上を可能にする「HPE Flexible Capacity」の提供に加え、最大90日間支払いを繰り延べできる支払据置プラン、ゼロ金利プラン、下取りプランなどにより、顧客の導入を支援する。