画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR北海道は1月17日、石北線・釧網線の一部エリアを対象に、スマートフォンで予約・購入・乗車が可能な「スマホ定期券」サービスの提供を2018年4月1日より開始すると発表した。

対象券種は、通勤大人(1・3・6カ月)、通学一般(1・3・6カ月)、通学高校(1・3・6カ月)。通学一般、通学高校の定期券で同サービスを利用する場合は、事前に学校事務に申込することで本人確認ができる仕組みとなっており、駅窓口への「通学証明書」の提出は省略される。

対象区間は、石北線は西留辺蘂-網走間、釧網線は緑-網走間。

「スマホ定期券」を電車乗降時に利用する際は、定期券の内容をスマートフォンに表示して、係員に提示する。偽造防止のため、「スマホ定期券」の画面中央にある乗り物が右から左にスクロール使用になっており、一定期間が経過した後に乗り物の色が変わる。定期券は有効期間が過ぎると、スマートフォンの画面上に表示されなくなる。

「スマホ定期券」の購入、利用、乗車は、スマホアプリ「バスもり!」から行う。決済方法は、コンビニやクレジット決済などを選択可能。