大坂なおみがベスニナに対して7-6(4)で1セット目を取りリード[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の4日目となる18日、大坂なおみ(日本/日清食品)は2回戦の試合で、エレナ・ベスニナ(ロシア)と対戦中だ。現在までに大坂が7-6(4)で1セット目を取り、現在は2セット目が進行している。

試合では、大坂がいい形でスタートを切る。第1ゲームとなった自身のサービスゲームをキープした。対するベスニナもデュースに持ち込まれはするものの、キープし均衡のとれた出だしだった。

大坂は続く第3ゲーム目で2ブレークポイントを握られたものの、サービスエースと、ラリーで打ち勝ってデュースに逃れた。ベスニナのリターンアウトが続き、大坂がサービスゲームをキープした。

続く第4ゲーム目で大坂は、リターンエースやベスニナのネットミスで得点を重ねて、デュースを迎えた。大坂がアドバンテージを握ったところで、ベスニナは痛恨のダブルフォルトをし、大坂が1ブレークアップのリードを確保する。

さらに、第5ゲーム目は大坂がラブゲームでキープ。リードを確かなものにした。

しかし、試合はここから競る展開に、第9ゲームで大坂はアウトミスなどで2ブレークポイントを握られると、1ポイントを返したものの、ダブルフォルトでポイントを献上。ブレークされる結果となった。

その後は両者ともに譲らず、1セット目はタイブレークで決着をつける形になった。大坂はいったんは自身のサービスポイントを落としてミニブレークされるなど、リードを許した。他方で、大坂のリターンがコードボールになりベスニナのコートに落ちるラッキーなポイントや、2連続サービスエースでポイントし、1セット目を取得した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2018年の「全豪オープン」でプレーする大坂なおみ
(Photo by Pat Scala/Getty Images)