画像提供:マイナビニュース

写真拡大

エフセキュアは1月18日、SaaS型の企業向けエンドポイントセキュリティ製品「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(エフセキュアPSB)」を拡充し、新製品「Computer Protection Premium(Windows版)」「Password Protection」「End Point Bundle」の3製品を販売開始した。

エフセキュアPSBは、PC向け「PSB Computer Portection」、モバイル向け「PSB Freedome for Business」、サーバ向け「PSBサーバセキュリティ」などで構成されている。

PSB Computer Protection Premium(Windows版)は、ランサムウェアなどのサイバーセキュリティ脅威に対応するための独自の新技術「DataGuard(データガード)」を搭載した「PSB Computer Protection」の上位モデル。DataGuardは振舞い検知とアクセスコントロールにより、悪意のある不明なアプリケーション(ランサムウェアなど)からの攻撃(データの暗号化や破壊など)から保護する。

PSB Password Protectionは、煩雑になりがちなパスワードの作成や管理を容易にするツール。データの漏えいの半数以上がパスワードの脆弱性や盗難から生じており、業務で使用するデバイス、ソフトウェア、Webサイトが増える中、すべてのアカウントで強いパスワードを覚えるのは困難があるが、同ツールはユーザーが覚える必要があるのは1つのマスターパスワードだけのため、各サイトやアプリケーションで有効なユニークで堅牢性の高いログイン情報を確保できるという。

PSB End Point Bundleは、PSB Computer Protection、PSB Password Protection、PSB Freedome for Businessのエンドポイント向けセキュリティ対策3製品を組み合わせたバンドル製品となる。

PSB Computer Protection Premiumが1ユーザライセンスで6240円/年〜、PSB Password Protectionは1ユーザライセンス(最大5デバイスまでインストール可能)で1800円/年〜、PSB End Point Bundleは1ユーザライセンスで9000円/年〜。