17日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、タレントのインリン・オブ・ジョイトイが、グラビアアイドル時代の給料を明かし、共演者たちを驚かせていた。

番組では「グラビアレジェンドSP」と題し、元グラビアアイドルの山田まりや、細川ふみえ、かとうれいこらが、グラビア界の裏話を暴露していた。

話題が給料に移ると、山田、かとう、細川らは、かつて所属していた芸能事務所「イエローキャブ」が給料制でボーナスはなかったと明かす。かとうは当時、給料が10万円だったといい、細川は3万円、5万円と徐々に上がっていったそうだ。山田は結婚して歩合制になったことから仕事の単価が分かり、当時社長の野田義治氏には「あのヒゲ!」と怒りを覚えたとか。

また、山田たちと事務所は違うが、インリンもグラビアアイドル時代は給料制だったそうだ。

イエローキャブの面々よりは給料が良かったらしいが、決して裕福ではなかったとか。当時はワンルームに住み、いつもコンビニ弁当やラーメンばかり食べ、貯金のために夜遊びもしなかったという。きわどい格好をした"飛び出すM字"写真集も出していたが、月収は最大でも50万円を超えたことがないとか。

インリンの意外な事実に共演者から同情の声が上がる。ゲストMCのバカリズムも「あんだけ出てて!?」と驚き、MCの中居正広も「50(万円)いったことないの…?」と漏らしていた。

【関連記事】
現役モデルが業界のTwitter事情暴露…フォロワー数を購入「5000人で2万円」
小林恵美がグラビアアイドルの写真修正の実態を語る「へそを消された」
女性アイドルが危険視するファンからの贈り物…グラドル・小林恵美が暴露